ワイヤレス インプラントについて動画あり

Wireless ‘Neural Dust’ Could Monitor Your Brain

https://www.popsci.com/tiny-wireless-implants-could-monitor-your-brain

上記記事にて指紋ほどのインプラントを紹介しており、生体情報等を取得できることに関しても記載してあります。

補足

脳へのインプラントとコントロール

広告

【更新】第三者に聞こえない声アンケート

【更新】再集計

オンライン上でアンケートも集計していますのでご協力お願いいたします。

アンケートの内容は第三者に聞こえない声の内容です。

ぜひ参加をお願いいたします。

TI アンケート

TI アンケート 2017年11月経過公表

201711TIアンケート中間結果 A3プリントアウト推奨

アンケート結果をblog等に載せたい方は当記事をハイパーリンクにてお願いします。

キャプチャ

アンケートから

・所得が低い被害者が多い傾向

・睡眠不足の理由に電気的な痛み、刺激作用

・性的な嫌がらせ

・聞かされる声の人数は複数

・聞かされる複数の声は交代して声をかけてくる

・声の主の善悪の判断に合わせるよう強要又は誘導される

・非難してきたり、自己否定させようとしてくる

・隣人とのトラブルを誘発

・聞かされる声にとって好ましくない行動をすると刺激等の痛みを加えられる

・加害者に仲間にならないか?被害者の味方と説明する。加害者は命令や指示を与え被害者は自分だけが特別な存在だと思い込み依存傾向にあり、相談を受ける事があるが助言しても聞く耳持たない。

・就寝中に聞かされる声の質問や命令に答えている時を自覚する

アンケートから所得の低い方が狙われやすい傾向、所得が低い事をどこで確認しているのか?国民の所得を管理できる立場か?

睡眠不足被害が多い事から尋問/拷問/洗脳/マインドコントロールか?

行動療法/軍事心理学/防諜尋問の利用か?

精神分析官が使用か?

隣人とのトラブルを誘発する。被害者を監視・管理というよりは殺人事件も起きており遠隔から一般人をテロリストにする実験か?

遠隔からのMKウルトラ計画か?

何度も被害者が思い出したくない事を繰り返し思い出させる事についてはPsychic driving-マイクやヘッドフォンでメッセージを聞かせる事の応用か?

MKultra-Depatterning and psychic driving

加害者に指定して行くように指示される場所は個人/ライフライン/国が麻痺するような場所か?

加害者側にとって好ましくない行動をすると刺激等を与えてくるのはオペラント条件づけ利用したものか?学習性無力感を利用したものか?CIAによる「人間破壊

以下も大変参考になります。

心理学を悪用した非人道的な10の事例

暴かれたCIAの拷問方法

マインド・コントロール増補改訂版 (文春新書)

CIA洗脳実験室父は人体実験の犠牲になった

拷問と医者人間の心をもてあそぶ人々

カルト問題と公共性: 裁判・メディア・宗教研究はどう論じたか (現代宗教文化研究叢書 2)

映画リクルート CIA

補足-wikiの情報は英語版に必ず目を通す事を進めます。

U.S. Army and CIA interrogation manuals

Project MKUltra

Donald Ewen Cameron

Psychic driving

タオルの王

RIDA(remote in depth analysis)、Genetia Predisposition、Genes favoring spite、basis anxiety、traumatic psychologycal infantilism、pathological transference

直接 ショック療法、ECT、ユング、

フロイト療法 ロジャース派orエリクソン派

デパターニング、サイキック ドライビング、ドライビング メッセージ/ドライビング テープ

行動変容には、どのような体験が必要なのか?

日本国内探偵業者について

Targeted Individuals in JAPAN のMemberで探偵業者に過去に測定依頼された方がいらっしゃったので結果と内容について質問形式で本人許可のもと記載します。

なぜ この記事をアップロードしたのか被害者の方はよく考えて下さい。

1.どのような業者

A.集団ストーカー専門の業者

2.測定器は?

A.測定器は見ていないが業者の話しでは被害者である私は思考盗聴されているので、いつ、どのようにするかは教えられないと言われた。

3.測定方法は?

A.我が家の近隣を測定器で測定する事

4.測定費用は?

A.64万

5.測定結果は?

A.私が加害者であろうと思っている人物の前科歴や借金の有無、加害者宅がアジトで首謀者だと聞いた。

6.不審に思った事は?

A.実際の測定結果はなく探偵なのかと思った事、全て解決する為にと言われ更に金銭的要求があった。

公安認定の業者であった事

被害が止まず、藁にもすがる思いで依頼される被害者は多勢いらっしゃいますが裁判にて差し止めや解決にいたった例は聞いておりません。

Electronic Harassment で裁判をして保護命令が出たのは米国のJames Walbertさん(本人にコンタクトをとり裁判資料や検査資料はいただいております)しか私は知りません。

訴訟自体されている国外被害者は他にもいらっしゃいますが

もし国内で私達の被害を専門に扱う業者に頼もうと考えているならE-MAILにて「解決された事例はあるか?」と聞いて見て下さい。

私の場合は返信来ませんでした。

もし解決された事例があるなら耳に入っています。

私が国内で探偵業者に依頼された被害者から伺った相場はおよそ10万円以内です。

また 私の知る限り電波探知探偵業者はレーダーについての知識より盗聴機に関する専門の方が多いです。一部 レーダー測定等詳しい方がいらっしゃるのも事実で自衛隊関連の話も聞いています。

これとは別に医療にて

脳波EEG/MRI 費用が安く開示請求すれば脳波やMRI画像(大きめの病院は何も言わずCT等撮影し負担割もありますが、小さな病院では自己申告になり全額負担になり易いので気をつけた方が良いです)も貰えます。

脳へのインプラントとコントロール

http://nczas.com/swiat/chipy-sterujace-w-mozgach-zolnierzy-to-juz-nie-sci-fi-oficjalnie-maja-monitorowac-aktywnosc-w-rzeczywistosci-chodzi-o-sterowanie-i-kontrole-video/

脳へのインプラント

既に被害者は分析/監視/コントロール実験をされているように感じますが兵士への応用を一般市民に向けた際の恐怖は計り知れません。

http://youtruth.weebly.com/secretly-forced-brain-implants.html

上記URLはインプラント被害者に関するURLです。

https://youtu.be/ICsQDYha63c

ネズミの脳にインプラントを入れて歩く方向を強制する動画も参考になります。

近況

現在 前回測定結果を伝え調査していただいている最中により保護設定しております。

・倫理審査確認

・防衛省並びに防衛装備庁に対しての情報公開請求に対し審査請求(異議申立て)を行っており回答待ち

・アンケート(第三者に聞こえない声アンケート)

・測定継続/オシロスコープ使い方作成

総務省に以下確認

  • OTH/UWBレーダー基地局国内登録なし(車両等除く)、例外 自衛隊
  • 電波法30条と自衛隊法112条
  • 国内まで届くOTHレーダーについても総務省では方角までは確認しているが何処の国かまでは不明、国外は管轄外
  • 電柱にアンテナを設置されているが所有者掲示が無いので問い合わせた所 掲示困難の場所は掲示は不要

免許状の掲示(電波法施行規則第38条第2項)

仮に電波が加害に使用されているなら、誰が所持しているか分からないアンテナ群に加害アンテナを紛れ込ます事を容認している仕組み

Surveillance Radar 監視アンテナと測定結果 inドイツ

Surveillance Radarについて

Martin Bottさんから教えていただきました。

ドイツでの測定結果や諸事情を伺いました。
指向性のレーダーアンテナかな?とも考えていたのですが説明を聞いて納得出来る部分もありました。

また他の被害者から、スペクトラム拡散アンテナについて詳しい方から教えていただいた事があるというのでアンテナを写真付きで教えていただきましたがMartinさんにも確認していただいた所、レーダーではないとの事。試しに指向性のアンテナで測定されてはいかがでしょうか?違う波形が出てきましたら間違っている事になります。


Martin Bott

ドイツでの違法な監視レーダーを測定しています。

スペクトラム拡散です。

動画は始めから閲覧してみて下さい。

以下がMartin Bottさんが教えてくれたアンテナのURLになります。

ブラウザ翻訳をして下さい

“The radar is not a single pole antenna, but several pole antennas.This allows to use them as radar.”

下へスクロールしていただけるとアンテナに関する説明URLもあります。

Radarantennen Teil 1

Radarantennen Teil 2


“The first antennas are Jorn and Carabas radar

The antennas under the airv´craft are the antennas we see all over Germany:

Only the Jorn in Australia.

The Carabas on the aircaft a short range military battlefield radar

And the radar in German also is a short range radar, probably with a range of only 1,5 kilometers.

This short range reults fro th every high pulse repetition rate of 100 000 pulses per second.

The size of the antenna fits exactly the frequency of the radar pulses we can measure.

Which is between 5 Mhz and 100 MHz.

In Germany we have these antennas outside of villages, we have 2 or 3, sometimes up to 5 antennas. 

The masts are very expensive, unlike the radio amateurs

Cell phone towrs are marked in most cases, you find phone number, or an adress.

The radar never is marked.

Modern antennas seem to be a bit shorter, like a meter, or 1,20.m

The radar is not a single pole antenna, but several pole antennas.
This allows to use them as radar.
If you have 3 antennas you can measure every single point in space.

see the picture

Radarüberwachung

The Carabas radar only uses 2 antennas, but as they are moving they also allow to produce a picture.

Its similr to the technology of the SAR radar”

こちらがドイツでMartinさんが実際に計測したスペクトラム拡散になります。彼はアナログ・USB両方のオシロスコープを所持しています。計測結果の感想には苦笑いしてしまいます。

ドイツ 計測結果 Martin Bott

“Spread spectrum means using a large part of the frequency spectrum,
Of course the power and pulse length can change as well.

As far as I can tell with my cheap equipment the radar here in Germany always uses the same pulses,

This would allow foreign secret services to use the radar pulses themselves, to spy in Germany.

Its completely ridiculous that a secret service provides a possibility for foreign secret services to spy.”

私の方でも総務省に日本のアンテナが電柱に設置されているが誰の持ち物か掲示が無いので問い合わせた所、掲示困難の場所は掲示は不要と伝えられました。

免許状の掲示(電波法施行規則第38条第2項)

仮に電波が加害に使用されているなら、誰が所持しているか分からないアンテナ群に加害アンテナを紛れ込ます事を容認している仕組みは加害者側に有利に働いてる。

過去記事

スペクトラム拡散が感知すら出来ない理由について




Martin Bott

遠隔から一般市民に銃乱射事件を起こさせる事は可能か?

遠隔から一般市民に銃乱射事件を起こさせる事は可能か?

可能であり、無理矢理やらせるのではなく本人の意志

実際に被害に合えば理解できますが騙されたと気付いた時に理解し本人にとっては手遅れの状態かも知れません。

手法

1.加害者側は敵ではなく味方と被害者に信じ込ませる。又は加害者側の味方に相応しいかテストと説明 、被害者と加害者の間で上下関係の形や自己否定に善悪など

2.被害者を睡眠不足や栄養不足の状態を維持させる(酷い時は2週間寝かせて貰えない、睡眠薬効果なし)

3.被害者に2択の選択を与え本人に決めさせる。

加害者側は被害者に対して説明をします。例えば「国内で暴行を受けている一般人がいる、私達は暴行を止める力はあるが君が望むなら暴行を止めても良い」と第三者に聞こえない声で話しかけてきます。

被害者が国内で起きているであろう暴行事件を止めるようお願いすると加害者側は喜んで「君のお陰で助かった人がいる」と話してかけてくる(被害者本人にのみ脳内で現場でのやり取りが聞こえる)、加害者側にお願いしたら事件が収まるまで睡眠せずに起きてるように指示され意味のない行動を課せられ次の指示などを待つようになる(加害者側への依存度が高まる)

4.睡眠不足を維持したまま「3」を繰り返す、時には電気的な痛みで調整し加害者にとって都合のよい方向へ。被害者は自分が正しい事をしていると思い込む

5.被害者の自宅近くで暴行事件があるので現場に行って又は街のパトロールをして欲しいと言われる。

被害者が現場に行っても何もない、加害者側は「事件はもう終わっている」偶然パトカーを見かけたら「既に解決しているようだ」と説明してくる。何度も現場に向かって欲しいとお願いされ、「これが最後だから」と説明を受けるが終わりがない。

6.被害者のあなたの行動や思考を加害者側は認めて、加害者側のやっている事に協力して欲しいと伝えられる。

加害者側は正義で悪党を懲らしめる組織であり悪党の悪事について色々教えてくる(デタラメ又は誰にでも当てはまるような)

加害者側に対して敬礼をする様に指示されたり仲間としての服装や住まいについても指示を受ける。

7.加害者は被害者に対して悪党の巣窟又は悪党が集まるイベントがあると伝える。加害者は今回は私達では多くの悪党に対処しきれない、被害者である君に手伝って欲しい旨を伝えてくる。

ここで被害者が断ればまた「3」からやり直し

被害者が自分の意志で助けたい、行動したいと発言したら日時と場所を伝える。

被害者は自分が悪い事をしているという考えはなく正義の為に皆を助ける為にと銃乱射事件を起こす。

加害者側に騙された事に気付いた時には手遅れ、隕石が落下するから皆に逃げろと叫ぶ人の気持ちも理解できます。

映画リクルート

こちらのCIA映画も参考になりレンタルして観てください。

希望のある日が来るまで

Voices In My Head Told Me To Kill Trump – Man Jailed For Trying To Shoot Donald Trump Speaks

世界中で少年少女を次々と自殺に追い込んでいく謎の死のゲーム「青い鯨(Blue Whale)」とは?

ラジオ局襲撃の男、被害者と「テレパシーでつながってた」ロシア(このテレパシーで繋げられる方法についてはこちらで説明しています。近所の人や友人に家族ならコンタクトが取りやすいので違いが分かりますがコンタクトが取りづらい有名人等になりますと違いが分からずに上記のような事件が発生する可能性が高いので十分に注意して下さい)


加害者側の手法を記録に取ると実に面白いやり方をするんだなと感心する所があり興味をそそられます。

この様な兵器/装置を使用している高度な教育を受けた加害者側の手法を無料で身をもって経験するのですから
困った事に加害者側を信頼し味方と勘違いすると、常に続く嫌がらせをマイナスと捉えるのではなく、逆にプラスと考え御守りのような感覚で被害者は自分は特別な人間で特別な人達に助けてられていると錯覚します。その上 他の被害者がアドバイスしても聞く耳も持たなくなりますので注意が必要です。

他にもストーリーのある被害を受けていらっしゃる方がいらっしゃいましたら教えてください。

また加害者は被害者の味方と思わせる為に不思議な体験をさせ信じ込ませる事がありますが注意して下さい。現在の技術では無理だと思わせるだけです、中身は洗脳やマインドコントロールです(被害者が何を体験/刺激を受けて行動や考え方が変わるか)

遠隔から一般人のテロリストを作れるか実験をしている様にも考えられます。

abema TV にて

「ディスカバリーチャンネル 好奇心の扉 人は洗脳できるのか?」

上記番組では催眠術だったと思いますが拳銃(偽物)を発砲させていて大変驚きました。

人工知能について

人工知能について聞かれましたので少し対話についてまとめます、リピート部分以外は通常の人と人との会話に感じます。本当に全部AIでしょうか?

・第三者に聞こえない声との対話については電話で人と通話している感覚。

・知人の声に聞こえるのは人工知能の独自言語というよりはボイスチェンジャー等に近く、特にアイドルはTVに出演する為認知度が高く敵意を向けやすいです、歌のCDすら出しているのでサンプルが取りやすく録音も可能です。

a.家族、近所の人や友人に近い声、ボイスチェンジャーのソフトを使用すれば男性が女性の声すら真似れます。実際に友人の声を真似てきても本人と直接話すと声も性格の違いもよく分かります。

・BOTのようなやり方、被害者のプライバシーを探る方法でターゲットの初恋の人の名前を知りたい際は
「初恋の人は?初恋の人は?」と単語を繰り返し被害者が初恋の人はと聞こえると頭の中で初恋の人を考えて名前を思い出してしまいます。

この様にして思い出させプライバシーに関する情報を抜き取る形です。

このプライバシーが初恋の人レベルで済めば良いのですが家族の秘密や他人に知られたくない事等に絞られてくると被害者は精神的に大変苦しい思いをします。

これらの情報を使用して隣近所がプライバシーに関する事を話している様に聞かせてくる事も多々あります。

被害者は他人に知られたくない情報を加害者側に知られてしまうので脅迫などには負けたり自殺を考えたりしない様にして下さい。

加害者側に知られた情報が世間に流れたら加害者側は足が付きやすくなります。大層な兵器/装置の場所について足がつくようなヘマを加害者側がするとは考えられません。

遠隔から第三者に聞こえない声を送れるのですから人工知能に似せた方法はいくらでもありますし自分の声を録音してソフトでリピート再生も可能です。

上記が全てではありませんが人工知能も発展すれば加害者側にとって大変便利なツールとして働くでしょう。

第三者に聞こえない声は被害者が耳にした声も聞こえるので反応しますし、仮に被害者が耳にしたり被害者自身が口にした事をスピーカー越しに聞こえるのだとしたら彼らは録音してツールの道具として利用する事も可能です。

第三者に聞こえない声はパソコンの使い方も教えてくれますし、有るはずのない目覚まし時計の音が夜中に被害者本人だけに聞こえ第三者に聞こえない声も起きて目覚ましを止めて寝起きの声で声をかけてくる事もあるぐらいです、放屁(オナラ)の音まで聞こえる時もあり第三者に聞こえない声は恥ずかしそうな声で複数いる周りの第三者に聞こえない声に対し「失礼しました」と謝ったりします。

飲食しながら話しかけて来たりBOTの様に加害者側に必要な時に使用している感覚もあり部分的です。

パナウェーブ研究所

パナウェーブ URLを教えていただきましたので追記します。

https://web.archive.org/web/20080927112406/http://www.pana-wave.com:80/index.html

教えていただきありがとうございます。

TI Group in Japan アンケート(第三者に聞こえない声の被害者対象)

協力していただきありがとうございます。

現在25名以上の方が協力していただいているので大変助かっております。

まず被害者は低所得の方が多いです。

所得が低いので自ずと学歴も分かってしまいます。

所得層等を考慮された上で被害者を選別しているしゃるように感じます。
被害歴をみると35年以上など、私の知っている被害者さんで40年以上の方もいらっしゃいます。

最初に被害を訴えた被害者は誰なのだろうか?何年前からなのだろうか?と

ドイツのMartinさんと話していて気になり調べました。

40年前というと1980年頃になりますが

大きな事件は

・オウムサリン事件(私がNPOの被害者団体に話を聞いた時には地下に鉄板で囲った部屋があったと伺いました。)

・パナウェーブ

上記2つが印象に残っています。特にパナウェーブにいたっては白い服装に白い車での移動をTV局が中継しておりました。

パナウェーブは千乃 裕子さんが代表の方でスカラー波を問題にされている方でした。

ですが今もインターネット上に残るパナウェーブの資料を調べると実に面白い事実が出てきます。

特定個人へのスカラー波攻撃の証明

上記URLに私たちの被害によく似た内容が記載されています。

パナウェーブ研究所がマイクロ波や特許に関する記述を私は初めてみました。

大変興味深い内容で、私たちの被害は1980年代からあったことになります。

現在は車やバスに飛行機にのっても途切れることなく聞こえてきます。

技術が40年の月日をかけて進化していることになります。

私やMartin さんが知りたいのは第三者に聞こえない声を聴かされた人間を過去に多くの人々を導いた宗教の団体のトップのように人を動かし証明することが可能なのか?といったストーリーを探しています。

  • スカラー波が正しいか間違っているかについては問いません。

私が知りたいのはSTORYです。


もし、パナウェーブの過去の資料や詳細なホームページがありましたら教えてください。彼女の幼少期から亡くなるまで