【更新】第三者に聞こえない声アンケート

【更新】2018年12月4日

再集計 2017年12月02日

記事などを更新しましたので参考にしてください。

  1. キューバ音響事件とマイクロ波
  2. インプラント技術等
  3. 監視社会と非殺傷兵器
  4. 統合失調症とマイクロ波聴覚効果
  5. 日米 諜報活動 ネット諜報
  6. 淡路島5人殺害事件
  7. 警察/入院
  8. 情報等
  9. 加害者の攻撃方法応用
  10. 計測・検査について

情報等のリンクには色々な論文や資料へのリンクを張り付けており参考になるかと思います。(匂い、擬似感覚、ゴーストイメージ、非殺傷レーザ兵器)

キューバ音響事件によりマイクロ波聴覚効果について大手The New York Timesが記事にしたことにより世間の認知度が高まっております。

マイクロ波の危険性や脳内にビームを照射し話しかける、この様な兵器を保有し使用しているのかは「諜報機関」だけが知っているとある[文献1]。

集団心因性疾患の権威である医療社会学者のロバート・バーソロミュー博士は集団ヒステリーの症状が長期間続くことはあり得ないとある[文献2]。

音響兵器も健康被害を引き起こします。

他人への説明にも大変有効な資料ですので是非とも参考にしてください。

一次聴覚野については外部からの音刺激がないと計測されないとのことです。

組織による監視や付きまといについて過去の記事や文献、判例を参考に編集中です。(誰でも購入/自作できる盗聴器とは違う軍用等、IMSIキャッチャー、それはヘイトクライム疑惑追及のジャーナリスト市民活動家原発避難者いじめ実はこんなにあった⁉︎政府の文書によってセクトと分類された団体一覧妄想性障害(被害型)/統合失調症、集団ストーカーの健康被害は集団ヒステリー?、特定の宗教団体だけが問題視⁉︎脱走者は公開処刑、三大宗教は事件を起こしても問題視されない?、自衛隊/電波部等)

集団ストーカーの被害内容にも音声送信が含まれるようなので整理しております。

吉松氏については、こちらを参考にして下さい。(情報提供者より)

吉松氏側は これまでの発言を撤回し謝罪 する形での和解 とある。

“脅迫訴えた吉松育美氏が全面謝罪 支援した昭恵夫人の責任は”,NEWS ポスト セブン,2016年2月23日7時,参照日2018年11月10日,https://www.news-postseven.com/archives/20160223_387275.html?PAGE=1#container

当方へ感謝のE-mailが届いております。

また参考になる論文など教えていただき、感謝しております。

キューバ音響事件については各関係者とコンタクトを取っております。色々と行動し実ってきましたね。

皆さま、ありがとうございます。

話はそれますが

別件で、組織的な付きまといを担当する部署があるかどうか2018年11月12日に県の警察本部に問い合わせをしましたが組織的な付きまといを担当する部署は「ない」と言われました。

当方が問い合わせた県の警察本部だけかもしれないので、別の都道府県でも組織的な付きまといを担当する部署があるか他の都道府県の警察本部に問い合わせた所、「ない」と言われました。

警察と公安調査庁は別組織であり、公安調査庁にも組織的な付きまといを担当する部署は「ない」と言われました。

警察組織の組織的な付きまといの担当部署について調べていますが何処の警察が説明しているのか不明で確認はとれておりません。

当方はストーカー規制法、生活安全総務課 ストーカー対策室等はこちらのページで確認しております。組織的な付きまといを担当する部署?

どこの警察署かご存知の方がいらっしゃたったら教えて下さい。

部署以外にも話は聞いておりますので別の機会に

文献

[1]“「マイクロ波」という見えない兵器 外交官の不調と関係は”,The Asahi shimbun GLOBE+,2018.10.08,https://globe.asahi.com/article/11862586

[2]佐藤Kay,“【未解決】キューバ米大使館「音響攻撃事件」が未だに謎すぎる点とは!? “集団ヒステリー説”も新浮上の怪!”,TOCANA,2018年8月9日,https://tocana.jp/i/2018/08/post_17522_entry.html


ご協力お願いいたします。

アンケートの内容は第三者に聞こえない声の内容です。

アンケートに参加されたい方は問い合わせからE-MAILにて当方に連絡をください。

TI アンケート 2017年11月経過公表

201711TIアンケート中間結果 A3プリントアウト推奨

アンケート結果をblog等に載せたい方は当記事をハイパーリンクにてお願いします。

キャプチャ

広告

Martin Bott Scientific explanation

Partially reprinted from references (I got permission from Martin Bott to reprint.)

Martin Bott,”Torture, Brainwashing and Murder in Germany”,pp.3-9,参照日2018年9月6日,http://www.totalitaer.de/English/tortbrainwashmurder.pdf

The scientific foundation of torture

Electromagnetic fields such as radio frequency and laser radiations always cause an
electric current if they are acting on conducting materials such as metals and the human
body. To have an effect on the nerves or the muscles this current needs to imitate the
currents used by the body, as is the case with the commercially available muscle trainers
or other bioelectric apparatus.
The currents used by the nerves have a low frequency in the order between several hertz to several kilohertz. To produce such low frequency currents through high frequency microwave or laser radiation several methods are used.
One technique is to use beats between two high frequency electromagnetic radiations with slightly different frequencies. These beats are actually a low frequency electromagnetic field which then causes a low frequency current.
The frequency of the beats is actually the frequency difference between the two high
frequency fields.
If an electromagnetic field of 1 Ghz and another of 1 Ghz plus 100 hertz are interacting,
the resulting beats have a frequency of 100 hertz. These electromagnetic beats cause a
current with a frequency of 100 hertz which then contracts muscles.
If the frequency of the beats is in the audible range, one would hear a sound or voice
depending on the signal being used for modulation.
Technically spoken one would overlay two high frequency electromagnetic radiations of equal frequency.

To one of these microwave or laser radiations the desired low frequency
signal, for example recorded nerve pulses or voice is added in a way that leads to an
addition of the high frequency and the low frequency signal.
The resulting beats between the two high frequency signals consist of a low frequency
electromagnetic field which has the characteristics of the added nerve pulses or voice.
This electromagnetic Field then causes an electrical current similar to the nerve pulses or voice added to the high frequency signal. And such an artificial nerve current has the same effect as the nerve currents used by the body.
Another possibility is to use an asymmetric electromagnetic field where the positive
component has a different frequency from the negative component.

Electric currents in the body are not caused by moving electrons as in metals but are mainly ionic currents.
That is, they consist of moving electrically charged Atoms. These Atoms have a certain
mass and size. Their relative size causes them to have, additional to their electrical
resistance, a mechanical resistance in the body fluid. If the ion is moved faster, its
mechanical resistance rises even faster.
The mechanical resistance rises as the square of the speed. This means that if the speed
is doubled, the resistance is 2×2 which gives a value of 4. And if the speed rises by a
factor of 3 the mechanical resistance rises by 3×3 which is 9. This effect can be felt if one
moves the hand slow and fast through water.
As a consequence the ions conducting the current in the body experience a higher
mechanical resistance if moved at higher frequencies as compared to lower frequencies. If the high frequency signal is asymmetric, meaning that the positive component of the sine wave has a different frequency as the negative component, the ion experiences two
different mechanical resistances as well.
Since the energies of both components of the signal are equal, the ions are moved back
and forth by the asymmetric field. But because of the lower mechanical resistance during slow movement they move a bit further in the direction enforced by of the lower frequency

component.
This is illustrated with a DVD being moved through water in the Film 4 Strahlenwaffen.
Such an asymmetric electromagnetic field can be generated with frequencies up to many
Ghz by fast synthesizers. These asymmetric high frequency fields are causing ionic
electric currents which can simulate nerve pulses in the body.
This techniques are used for brainwashing as well. If the parts of the brain which are
passing the nerve signal from the ear to the brain are irradiated with such a speech
modulated signal, the resulting voice is not being heard, as it is not coming from the ear.
But it is not being thought either as it is not coming from inside the brain.
That can make it difficult to decide whether specific thoughts or opinions are the result of
brainwashing. Especially if one is not aware of this possibility. Brainwashing can be
suspected if opinions or thoughts are openly false or even lead to dangerous behavior like
taking drugs, drinking and smoking.

Suitably speech modulated electromagnetic fields are perceived as being heard or thought
by certain brain regions involved in hearing. In a similar way the regions of the brain
responsible for seeing can be stimulated by electromagnetic fields. The question arises to
what extend this can be used.
It is known that every point on the surface of the body corresponds to another point on the
surface of the brain with regard to feeling, hearing and seeing. The surface of the brain is,
so to speak, an image of the surface of the body with regard to data processing. Points
being close together on the surface of the body or the retina are as well close together in
the respective region of the brain. The region responsible for seeing is situated in the back
of the skull, right over the neck and named visual cortex.
This opens the possibility to stimulate this region of the brain with laser using the
techniques described in detail elsewhere in this text. A high resolution low frequency or
asymmetric electromagnetic field being produced by heterodyning of two laser beams is
used to scan the surface of the visual cortex. On its way over the brain surface it
stimulates the nerves to cause the impression of seeing. And thus “write” a picture or a film
onto the visual cortex.
There are two major obstacles to simply “write” a picture onto the brain. The first is that the
structure and organization of every brain is a little different. The second is that the surface
of the visual cortex is quite large and as a consequence is bent to fit into the scull resulting
in a three dimensional structure.
The laser has to write the picture without the computer exactly knowing which part of the
brain surface is matching a given point on the retina. This problem certainly would result in
a distorted picture being “seen”.
With modern computer techniques, matching a picture or a film to the bent surface of the
brain, it is possible to write an exact picture onto the brain. The difficulty is to know which
point on the brain corresponds to which point on the retina. This demands a possibility to
calibrate the laser weapons.
But how can the brain, the retina and nerves in general be tapped with a sufficient high
resolution at some distance?
If a microwave signal is interacting with a low frequency signal such as is occurring in a
nerve, both are heterodyning. This heterodyning causes signals with the frequencies
microwave+nerve signal and another one microwave-nerve signal. As these resulting
signals are microwave signals as well, they are radiating from the nerve and can be
received at some distance, allowing direct measurement of the electric activity of the
nerves.
The voltage of a nerve pulse measures about 50 to 100 millivolts. There are electronic
circuits for transmitters operating with 600 millivolt and even less. These of course only
have a short range of maybe 10 or 20 meters. However, the alternating voltage in the
antenna of such a transmitter may not be much higher than 100 millivolt.
Similar oscillating voltages result in similar radiated power. The nerves may not radiate as good as a metallic antenna but with the use of low noise amplifiers this may be
compensated to some extend. A range of 5 to 10 meters for such a nerve tapping system
seems to be reasonable and is more than what is necessary to map the electric activity of
the retina and the brain.
The system needs two high resolution laser beams with slightly different frequencies to
produce one beam of beats in the microwave range. These high resolution beats scan the
group of nerves to be mapped. The local heterodyning between the electromagnetic beats
in the microwave range and the nerve pulses cause microwave signals of different
frequencies which are radiated. This allows to measure the nerve activity at some distance
with a resolution depending on the resolution of the laser.
The technique is employed in the following way: One system is scanning the retina to
exactly measure the local nerve activity with a high resolution. This allows at least to get a
precise image of the patterns seen by the nerves of the retina at this moment. Maybe even
a coloured picture similar to that seen with the eyes at this moment can be generated.
A second system is simultaneously scanning the visual cortex.
During seeing a nerve signal from a spot on the retina is passed through the nerve system
to the corresponding spot in the visual cortex. This spot then shows a nerve activity
corresponding to the activity on the retina. Patterns seen by the eye show up on the
surface of the brain as well.
Due to the irregular structure of the brain these patterns certainly will appear spatially
distorted, but always in the same way. The technique described allows to map the retina
and the visual cortex within seconds to gain sufficient data concerning the spatial
distortion.
This data then can be used to match a picture or a film to the spacial distortion in the
visual cortex. This corrected picture will then be “seen” undistorted if written onto the brain
with laser techniques.
Once this calibration is done any picture or film can be written at great distance onto the
visual cortex. Certainly the picture seen by the eyes can be reproduced at great distances
as well, using radar and lidar techniques to measure the direction the eyes are looking
into.
The picture of the area the eyes are looking into can be obtained by radar and lidar as
well. This allows the possibility to write a modified or morphing picture or film of the reality
into the visual cortex of the brain. This modified picture then interferes with the picture
seen through the eyes. This technique seems to be used to simulate hallucinations by
introduction of additional pictures or colours.
The quality of the pictures and films being transmitted with this technique is unknown but
may be very high. Certainly this technique used by the BND is very costly and an
enormous waste of tax money.
Making visible the picture seen by the eyes through tapping of the nerves seems to be
done under favorable conditions for other reasons as well. In this case the tapped nerve signals are used to generate an exact picture of what is seen with the retina, to reveal
what a person is looking at. And high resolution laser weapons allow to exactly steer the
muscles of the eyes of a victim.
Both techniques combined allow the exact picture seen by a victim to be written on the
retina of a BND official. Then the movements of the muscles in the eye of the BND official
can be measured with radar and the data be used to steer the muscles of the victim
likewise.
This allows the agency preceding the GESTAPO to cause a victim to see what they want
him to see and to prevent the victim from seeing something else. This technique is being
used in many ways to force a victim to make decisions, like choosing a certain company
from the yellow pages or looking at specific points of a map omitting others.
Obviously crude techniques using electromagnetic radiation to write a picture onto the
brain are known for quite some time. Around 1975 when I was about 10 years of age I had
been told by classmates that one would have a third eye, situated on the brain right in the
middle of the forehead, which I, of course, did not believe. However these children at the
age of 10 or 12 years certainly knew a little more despite giving a false location for the
visual cortex.
Our Mother told me that her mother, when dosing in an armchair, sometimes complained
about having perceived some sort of a picture for a second. These pictures seemed to
have been hardly “visible”. As my grandmother died in 1964 this may have occurred
around 1960. At this time other members of my family had been openly persecuted by
BND officials abroad.
Some of the modern Art pictures are distorted in a way one would expect if a picture was
projected with a simple technique onto the folded visual cortex. This gives some clues as
to the time such techniques already had been employed. The techniques necessary for
such crude projections had already been developed around 1900.
One simple possibility is the use of X-Ray passing through a stencil. Or a “picture” made
from a dense material like lead where the dark areas of the picture are thick and the light
parts are thin. This would result in an intensity modulation of the X-Ray depicting the
original image. 100 years ago X-Ray tubes had been operated with alternating current
resulting in X-Rays electrically affecting the nerves making possible the transmission of
pictures through walls and the skull.
Causing beating with light is known as well for more than 100 years, allowing to use light in
the visible or infrared part of the spectrum to transmit pictures or torture a person using
photographs, polarized light and pockels cells or vibrating mirrors as phase shifter. These
crude techniques would have produced distorted pictures due to the bent shape of the
brain surface.

State of the art

According to the techniques published, one would expect a high resolution laser beam
being split into two. One of these laser beams would run through a pockels cell where a
synthesizer generated microwave signal would be added. This microwave signal would be
asymmetric. Additionally it would be a spread spectrum signal, meaning that its frequency
would change very fast over several Ghz. The interaction of these two laser beams
produces beats in the microwave range.
As a result we have a high resolution and highly directional beam of an asymmetric
electromagnetic field in the microwave range which then produces a low frequency current
which can imitate the natural currents of the nerves. The target area is then scanned with
this high resolution beam. Such beats in the microwave range penetrate an obstacle just
like any radio frequency signal of the same frequency.
With this technique it is quite difficult to directly measure the beam due to the spread
spectrum signal. Even with the proper measuring equipment it should be possible to shoot
right around the sensors due to the very high resolution achievable with a laser.
Other possibilities are jamming the sensors or using additional laser radiation which
causes destructive interference of the electromagnetic waves within the sensor, nulling the
effect of the laser signal on this sensor.
Promising could be direct measurement of the currents on the surface, or better by
electrodes within the body and comparing them with the natural body currents.
Another possibility could be to use additional radiation of one or several suitable
wavelengths which then interact with the radiation of the laser weapon to produce either
beats or harmonics in a spectrum visible to the eye or cameras. A little bit of smoke would
then reveal the path and origin of such a radiation used as weapon.
The generation of beats or harmonics can be used in shielding techniques as well. If
additional radiation of a suitable wave length is overlaying or heterodyning the relatively
low frequency beats of a laser weapon, harmonics can be generated in a frequency range
which can not penetrate a certain barrier.
An electromagnetic field causes atoms and molecules to move in time with the field. If the
frequency of the electromagnetic field is low this movement of the atoms is slow as well,
consuming relatively little of the energy being transmitted by the electromagnetic field. This
allows microwave signals as well as electromagnetic beats in the microwave range to
penetrate walls.
If high frequency, for example infrared radiation, is overlaying the low frequency
microwave signal, this heterodyning causes harmonics in the infrared region. These high
frequency electromagnetic harmonics, like infrared radiation, are moving the atoms and
molecules in time with their high frequency.
These fast movements of atoms and molecules enforced by the harmonics or electromagnetic radiation are consuming the energy very fast, resulting in the radiation
being shielded by converting it into heat.
The same physical principles are used for surveillance as well. The resolution achievable
with laser radar techniques using infrared and visible light can be evaluated with regard to
data storage on CD-ROM and DVD. Using heterodyning it is possible to penetrate one or
several barriers. The use of UV-lasers allows a much higher resolution, making it possible
to read CD-ROM´s and DVD´s at quite some distance, especially if they are positioned in a
way exposing the optical layer to the laser. Stacks of many DVD´s may be read without
any problem.
This makes possible to let organizations being interested in certain information, say voice
or film recordings showing victims being tortured, to have a look at it and still being able to
plausibly deny any knowledge. However, the material is archived somewhere. And the
BND certainly does not want this. And consequently may back off from torturing a person.
Otherwise…film it, burn it and expose it.


日本語 直訳

ラジオ周波数およびレーザー放射のような電磁場は、常に金属や人間などの導電性材料に作用している場合は電流体。

神経や筋肉に影響を与えるためには、この流れは、市販されている筋肉訓練士の場合のように、体によって使用される電流または他の生体電気装置。

神経によって使用される電流は、数ヘルツ〜数キロヘルツ。このような低周波電流を高周波で生成するには、いくつかの方法が使用されている。

1つの技術は、2つの高周波電磁放射の間でビートを使用することである。
わずかに異なる周波数。これらのビートは、実際には低周波電磁、これにより低周波電流が生じる。
ビートの周波数は、実際には2つの高周波周波数フィールド。

1GHzの電磁場と1GHzと100ヘルツとの相互作用がある場合、結果のビートは100ヘルツの周波数を有する。

これらの電磁ビートは、100ヘルツの周波数で電流を流し、筋肉を収縮させる。

ビートの周波数が可聴範囲内にある場合、音声または音声が聞こえる変調に使用されている信号に依存します。

技術的に言えば、同じ周波数の2つの高周波電磁波を重ね合わせることになります。

これらのマイクロ波またはレーザ放射の1つに対して、所望の低周波数
信号、例えば記録された神経パルスまたは音声が、高周波信号と低周波信号の加算を行う。

2つの高周波信号の間に結果として生じるビートは、低周波数 付加された神経パルスまたは声の特性を有する電磁場。
この電磁場は、その後、神経パルスと同様の電流を引き起こすか、または
音声は高周波信号に加えられる。そして、そのような人工神経電流は同じです
身体によって使用される神経電流としての効果。

別の可能性は、非対称電磁場を使用することであり、成分は、負の成分と異なる周波数を有する。中電流 金属のように電子を動かすことによって引き起こされるのではなく、主にイオン電流である。

すなわち、それらは移動した原子からなる。これらの原子はある一定の
質量とサイズ。

それらの相対的なサイズは、それらの電気的特性
抵抗、体液中の機械的抵抗。

イオンがより速く動かされると、機械的抵抗がさらに速く上昇する。
機械的抵抗は速度の2乗に比例して上昇する。

これは、速度 抵抗が2倍になり、4の値が得られます。また、速度が3倍の機械抵抗は3倍の3倍になり、9倍になります。

この効果は、水を介して手をゆっくりと速く動かす。

結果として、体内の電流を伝導するイオンは、より高いより低い周波数と比較してより高い周波数で動かされた場合、機械的抵抗。

もし高周波信号は非対称であり、正弦成分の正の成分
波が負の成分と異なる周波数を有する場合、イオンは2つの異なる機械的抵抗も同様である。
信号の両方の成分のエネルギーが等しいので、イオンは、非対称的なフィールドによって、しかし、機械的抵抗が低いためにゆっくりとした動きは、より低い周波数によって強制される方向にさらに少し動く

成分。
これは、Film 4 StrahlenwaffenでDVDが水中を移動する様子が描かれています。
このような非対称電磁場は、
高速シンセサイザーによるGhzこれらの非対称高周波数場はイオン性
体内の神経パルスをシミュレートできる電流。

この技術は洗脳にも使用されます。脳の部分が耳から脳への神経信号を通過させると、そのようなスピーチが照射される
結果として生じる声は、耳から聞こえないので聞こえません。
しかし、それは脳内から来ていないので、どちらも考えられていません。

特定の思考や意見がその結果であるかどうかを判断することは困難です
洗脳。

特にこの可能性を認識していない場合。脳洗うことができます
意見や考えが公然と間違っている場合や、危険な行動につながる場合でも疑わしい飲酒、喫煙をしています。

適切には、音声変調された電磁場は聞こえていると考えられている
聴覚に関与する特定の脳領域によって引き起こされる。同様の方法で、脳の領域
電磁場によって見ることができます。問題はこれを拡張するものを使うことができます。
身体の表面上のあらゆる点は、体の表面上の別の点に対応することが知られている
感覚、聴覚、および視覚に関して脳の表面に存在する。脳の表面は、
言い換えれば、データ処理に関する身体の表面の画像である。ポイント
身体の表面または網膜上で互いに接近していることは、脳のそれぞれの領域。見るための責任を負う領域は背中にあります
頭蓋骨の右、首の上にあり、視覚野という名前。

これは、レーザーを用いて脳のこの領域を刺激する可能性を開く。
このテキストの他の部分で詳細に説明されているテクニック。

高解像度の低周波または2つのレーザビームのヘテロダインによって生成される非対称電磁場は、視覚野の表面を走査するために使用される。

途中で脳の表面に
神経を刺激して、見ることの印象を引き起こす。そして、こうして絵や映画を “書く”視覚野上に置く。
脳に画像を単に書き込むことには、2つの大きな障害があります。

1つは、
すべての脳の構造と組織は少し異なります。

第2は、表面 視覚野の大きさは非常に大きく、結果として、結果として、結果として生じるスカルにフィットするように曲がっている三次元構造である。

レーザーは、コンピュータなしで画像を書き込む必要があります。
脳表面は網膜上の所定の点に一致している。この問題は確かに
歪んだ画像が「見える」。

最新のコンピュータ技術では、画像またはフィルムを脳に正確な画像を書き込むことが可能です。

難しいのは、
脳の点は、網膜上のどの点に対応しているか。

これは、
レーザー兵器を較正する。
しかし、脳、網膜、および神経は、どのようにして十分な高さ遠くの解像度?
マイクロ波信号が低周波信号と相互作用している場神経、どちらもヘテロダインです。このヘテロダインは、周波数
マイクロ波+神経信号およびもう1つのマイクロ波 – 神経信号が含まれる。

これらの結果として
信号はマイクロ波信号でもあり、神経から放射され、ある距離をおいて受信し、

神経。
神経パルスの電圧は、約50〜100ミリボルトを測定する。

そこには電子
600ミリボルト以下で動作するトランスミッタ用の回路。これらはもちろんです
たぶん10〜20メートルの短い範囲があります。

しかし、
そのような送信機のアンテナは、100ミリボルトを大きく上回らないことがある。

同様の振動電圧は、同様の放射電力をもたらす。神経は金属アンテナほど良く放射しないかもしれませんが、低雑音増幅器を使用すると、ある程度まで補償されている。

このような神経タッピングシステムの場合、5〜10メートルの範囲
合理的であると思われ、電気活動をマップするのに必要な以上のものである
網膜および脳を含む。

システムは、わずかに異なる周波数を有する2つの高解像度レーザビームを必要とする
マイクロ波範囲内の1つの拍動ビームを生成する。

これらの高解像度ビートは、
マップされる神経のグループ。電磁ビート間のローカルヘテロダイン
マイクロ波範囲内にあり、神経パルスは、異なる放射される周波数。

これは、ある距離の神経活動を測定することを可能にする
レーザの分解能に応じた分解能を有する。

この技法は、以下の方法で使用される.1つのシステムは網膜を走査して
正確に局所神経活動を高分解能で測定する。

これにより、少なくとも
この時点で網膜の神経によって見られるパターンの正確な画像。

たぶん
この瞬間に目に見えるのと同様のカラーの画像を生成することができる。

第2のシステムは同時に視覚野を走査している。
見ている間、網膜上のある場所からの神経信号が神経系を通過する
視覚野の対応する箇所に移動する。

このスポットは、神経活動を示す
網膜上の活動に対応する。目に見えるパターンが脳の表面も同様です。

脳の不規則な構造のために、これらのパターンは確かに空間的に現れる
歪んだが、常に同じように。記載された技術は、網膜
視覚野は数秒以内に十分なデータを得ることができます
ねじれ。
このデータを使用して、画像またはフィルムを
視覚野。この修正された画像は、脳に書き込まれた場合に歪ませずに「見られる」ようになります
レーザー技術を用いて。
この較正が完了すると、写真やフィルムは、
視覚野。確かに、目に見える画像は遠くに再現することができます
目が見ている方向を測定するレーダー技術とライダー技術を使用しています
に。
目が探している領域の画像は、レーダーとライダーで次のように取得できます。

よくこれにより、現実の修正されたモーフィングピクチャまたは映画を書くことが可能になる
脳の視覚野の中に入る。

この変更された画像は、次に画像と干渉する
目を通して見た。この技法は幻覚をシミュレートするために使用されているようです追加の写真や色の導入。

この技術で伝送される写真やフィルムの品質は不明ですが、
非常に高いかもしれません。確かにBNDによって使用されるこの技術は非常に高価で、
税金の無駄遣い。

目の覗き見は、神経を叩くことで目に見えるように見える
他の理由でも好条件で行われています。

この場合、タップされた神経信号を用いて、網膜に見られるものの正確な画像を生成し、人が見ているもの。そして、高解像度のレーザー兵器は、犠牲者の目の筋肉。

両方の技術を組み合わせることで、被害者が見た正確な画像をBND関係者の網膜。その後、BNDの役人の目の中の筋肉の動きレーダーで測定することができ、データは被害者の筋肉を操縦するために使用される

同様に。これにより、GESTAPOに先立つ代理店は、被害者に自分が望むものを見せることができます
犠牲者が何か他のものを見るのを見ることを防ぎます。

この技術は
被害者が特定の会社を選ぶなど、意思決定を強いるためにさまざまな方法で使用されています

イエローページから、または他の人を省略したマップの特定の点を見てください。

明らかに、電磁放射線を用いて写真を
脳はかなり長い間知られています。私が約10歳であった1975年頃、私は
クラスメートによって、第3の目を持つと言われました。
私は当然、信じられませんでした額の真ん中。しかし、これらの子どもたちは
10歳または12歳の年齢は、
視覚野。
私たちの母親は、私の母親は、肘掛け椅子に投薬するときに、
何らかの種類の画像を1秒間認識したことについて。これらの写真は
ほとんど目に見えませんでした。私の祖母が1964年に亡くなり、これが起こったかもしれない
現時点では、私の家族の他のメンバーは、公然と迫害されていました。
BND関係者。

近代的なArtの写真の一部は、写真が
折り畳まれた視覚野上に単純な技術で投影される。これは、いくつかの手がかりを与える

そのような技術がすでに採用されていた時代に至るまで。に必要な技術
そのような粗い予測はすでに1900年頃に開発されていた。

1つの簡単な可能性は、ステンシルを通過するX線の使用です。または「写真」が作られた
鉛のような濃密な素材から、画像の暗い部分が太く、光部品は薄いです。

これは、X線の強度変調を引き起こし、元画像。

100年前、X線管は交流で運転されていた
その結果、X線が電気的に神経に影響を及ぼし、

壁や頭蓋骨を通した写真。

光で鼓動を起こすことは、100年以上にわたって知られており、スペクトルを可視または赤外線にして写真を送信したり、人を拷問したりする
写真、偏光およびポッケルスセルまたは位相シフタとしての振動ミラーを含む。

これら粗い技法は、曲がった形状のために歪んだ画像を生成するであろう。
脳の表面。

最先端

公開された技術によれば、高解像度のレーザビームが期待される
2つに分割されています。

これらのレーザビームの1つはポッケルスセルを通過し、シンセサイザによって生成されたマイクロ波信号が加えられる。

このマイクロ波信号は非対称。

さらに、それはスペクトル拡散信号であり、その周波数
数Ghz以上で非常に速く変化するだろう。

これら2つのレーザビームの相互作用
マイクロ波範囲で拍動を生成する。
その結果、高分解能で高指向性の非対称ビーム
マイクロ波範囲内の電磁場は、次に低周波電流を生成する
神経の自然な流れを模倣することができる。

次いで、標的領域は、
この高分解能ビーム。

マイクロ波の範囲内のそのような拍動は、同じ周波数の任意の無線周波数信号と同様である。

この技術では、広がりによるビームを直接測定することは非常に困難である
スペクトル信号。

適切な測定機器であっても、レーザーを用いて達成可能な非常に高い分解能のためにセンサーの周りに置かなければならない。

他の可能性は、センサを妨害することであるか、または追加のレーザ放射を使用することである。

センサ内の電磁波の破壊的干渉を引き起こし、このセンサ上のレーザ信号の効果。

有望なのは、表面上の電流を直接測定すること、または
身体内の電極を測定し、それらを自然の身体の流れと比較する。

別の可能性は、1つまたは複数の適切な
その後、レーザ兵器の放射と相互作用して、ビート、または高調波を目またはカメラに見えるスペクトルに変換します。

少しの煙が武器として使用されるそのような放射線の経路と起源を明らかにする。
ビートやハーモニクスの生成は、シールド技術にも使用できます。

もし適切な波長の付加的な放射が、
レーザー兵器の低周波拍動、周波数範囲内で高調波が発生する可能性があります
特定の障壁に浸透することができない。
電磁場は、原子と分子を場に合わせて移動させる。

もし電磁場の周波数が低いので、原子のこの動きも同様に遅く、電磁界によって伝達されるエネルギーを比較的少なく消費する。

このマイクロ波信号だけでなく、マイクロ波範囲の電磁ビートも壁を貫通する。

高周波、例えば赤外線放射が低周波をオーバーレイしている場合
このヘテロダインは、赤外線領域で高調波を引き起こす。

これらの高い
赤外線放射のような高周波電磁波は原子を動かしている

それらの高い頻度で時間とともに分子を放出する。

高調波または電磁放射によって強制される原子および分子のこれらの速い動きは、エネルギーを非常に速く消費し、その結果放射線
それを熱に変換することによって遮蔽される。

同じ物理的原則が監視にも使われています。

達成可能な解決
赤外線と可視光線を用いたレーザーレーダー技術は、CD-ROMとDVDのデータストレージ。

ヘテロダインを使用すると、1つまたはいくつかの障壁。

UVレーザーの使用により、はるかに高い解像度が可能になり、かなり離れた場所でCD-ROMやDVDを読むことができます。特に、光学層をレーザに暴露する。多くのDVDのスタックは任意の問題。

これは、組織が特定の情報に興味を持っていることを可能にする、音声または犠牲者が拷問されていることを示す映画の録画、それを見ていてもあらゆる知識を否定できない。

しかし、その資料はどこかに保管されています。そしてBNDは確かにこれを望んでいません。そして結果的に人を拷問することから後退するかもしれない。
それ以外の場合は…撮影して焼き、露出させてください。

参考文献

Martin Bott,”Torture, Brainwashing and Murder in Germany”,pp.3-9,参照日2018年9月6日,http://www.totalitaer.de/English/tortbrainwashmurder.pdf

Adviser by Martin Bott

関連記事

キューバ音響事件

更新2018年11月29日

キューバ音響事件

2016年後半、キューバの米国大使館で働く米国人職員が身体的症状を訴え始め、本国への帰国を余儀なくされる職員もいた、聴力の低下を訴える方もいて、米国へ帰国した際に補聴器を付けた職員もいた[文献5]。

22人の米国人に医学的な被害が確認されている、2018年春に攻撃は再開[文献5]。

2018年初頭には、中国でも1人の職員が同様の症状を訴えている[文献5]。認知能力、バランス、視覚、不眠などの問題症状を引き起こす脳の損傷を負っている[文献5]。

詳細については[文献4]の論文を参考にしていただきたい。

キューバ音響事件について、外交官を狙った脳の損傷についてマイクロ波の疑いが出てきた[文献1][文献2]。

ニューヨークタイムズの記事(英文)にはAllan H. Frey氏の写真まで掲載されている[文献1]。

マイクロ波の危険性や脳内にビームを照射し話しかける、この様な兵器を保有し使用しているのかは「諜報機関」だけが知っているとある。

引用開始

人間の脳を弱体化させたり、脳内に騒音をまき散らしたり、殺人すら可能なマイクロ波兵器の製造方法は、ロシア、中国、それに多くの欧州諸国もすでに持っているとみられる。専門家によると、先進技術を使えば人間の脳内にビームを照射しながら話しかけるといった細工すらできるようだ。こうした不気味な兵器をどの国が保有し、使用しているのか。それを知っているのは諜報(ちょうほう)機関だけだ。

引用終わり 文献[2]より引用

エドワード・スノーデン氏がリークしたネット諜報技術を所持している政府が知らないとは当方も考えにくいと判断している。

ペンシルベニア大学・脳損傷治療センターのダグラス・スミス所長は外交官の脳の損傷はマイクロ波によるものと見解を示している[文献1][文献2][文献3]。

脳スキャン検査によるダメージを表す変化が確認できたとある[文献3]。

細いビームや複数のビームによる交差(交差点でのみ効果あり)、スペクトラム拡散などを考慮するのかも含め調査願いたい。

ビームがアンテナに当たらなければ計測も何もないのである。

当方は過去にも似たよう事件があったので報告書や論文を集めて調べている。報告書の計測方法は正しいのか疑問がある為である。

当方が加害者側であれば、被害者側がミスリードする様に関係ない電波や超音波を照射し被害者側に計測等させて本命の加害方法を隠す事を考える。

上記リンクは「第129回NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク定例会資料」です。カール・クラーク氏のインタビューで、p.3〜からマイクロ波兵器や監視について記載されております。

集団ヒステリー

集団心因性疾患の権威である医療社会学者のロバート・バーソロミュー博士は集団ヒステリーの症状が長期間続くことはあり得ないとある[文献6]。

こちらは日本政府の電磁波犯罪を訴えていた方のリンクになります。諜報機関だけが知っている兵器によるものではないか?

キューバ音響事件とパナウェーブについて類似点がある。[文献4]参照

例えば、幻聴が聞こえ始めてきた時に別の場所へ移動した際の変化である。

パナウェーブが主張するスカラー波については疑問に思う事はあるが既に日本ではキューバ音響事件同様の事が起こっていたと当方は考えている。

関連論文

  1. Neurological Manifestations Among US Government Personnel Reporting Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba”,JAMA. 2018;319(11):1125-1133. doi:10.1001/jama.2018.1742
  2. “Strange Reports of Weaponized Sound in Cuba [Health Matters]”,https://doi.org/10.1109/MMM.2017.2765778
  3. “Diplomats’ Mystery Illness and Pulsed Radiofrequency/Microwave Radiation”,https://doi.org/10.1162/neco_a_01133, PDF-リンクDiplomats’ Mystery Illness and Pulsed Radiofrequency/ Microwave Radiation
  4. Recent advances in the effects of microwave radiation on brains,https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5607572/#!po=60.3723
  5. “Chasing ghosts in Cuba: Is mass psychogenic illness masquerading as an acoustical attack?”,https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/0020764018766185
  6. Neurological Symptoms in US Government Personnel in Cuba—Reply”,JAMA. 2018;320(6):604-605. doi:10.1001/jama.2018.8737
  • マイクロ波聴覚効果並びにレーダーやレーザーに関するリンク
    1. 論文と特許,テクノロジー犯罪・electronic harassment
    2. 統合失調症とマイクロ波聴覚効果
    3. v2k as a result of induction of electrical currents in the body.
    4. レーザーレーダー実用性
    5. Difference between laser and microwave and power consumption
    6. Asymmetric high frequency signal
    7. Frequency and power windowing
    8. スペクトラム拡散通信について

    文献

    [1]William J. Broad,”Microwave Weapons Are Prime Suspect in Ills of U.S. Embassy Workers“,The New York Times,

    [2]“「マイクロ波」という見えない兵器 外交官の不調と関係は”,The Asahi shimbun GLOBE+,2018.10.08,https://globe.asahi.com/article/11862586

    [3]”米外交官狙った正体不明の「音響攻撃」、原因はマイクロ波か”,CNN.co.jp,2018.09.03 Mon posted at 10:00 JST,https://www.cnn.co.jp/world/35124968.html

    [4]Randel L. Swanson II, DO, PhDStephen Hampton, MDJudith Green-McKenzie, MD, MPH; et al,”Neurological Manifestations Among US Government Personnel Reporting Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba”,March 20, 2018,JAMA. 2018;319(11):1125-1133. doi:10.1001/jama.2018.1742,https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2673168

    [5]Translated by Smokva Tokyo,”マイクロ波の武器を使用か?世界の米国政府職員が脳損傷など不調続出”,Rolling Stone Japan,YAHOO!JAPANニュース,9/13(木) 16:00配信,https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00028998-rolling-spo&p=1

    [6]佐藤Kay,“【未解決】キューバ米大使館「音響攻撃事件」が未だに謎すぎる点とは!? “集団ヒステリー説”も新浮上の怪!”,TOCANA,2018年8月9日,https://tocana.jp/i/2018/08/post_17522_entry.html

    関連記事

    キューバ音響事件の波形確認