キューバ音響事件:ハバナ症候群

更新2019年8月14日

キューバ音響事件:ハバナ症候群

2016年後半、キューバの米国大使館で働く米国人職員が身体的症状を訴え始め、本国への帰国を余儀なくされる職員もいた、聴力の低下を訴える方もいて、米国へ帰国した際に補聴器を付けた職員もいた[文献5]。

22人の米国人に医学的な被害が確認されている、2018年春に攻撃は再開[文献5]。

2018年初頭には、中国でも1人の職員が同様の症状を訴えている[文献5]。認知能力、バランス、視覚、不眠などの問題症状を引き起こす脳の損傷を負っている[文献5]。

詳細については[文献4]の論文を参考にしていただきたい。

キューバ音響事件について、外交官を狙った脳の損傷についてマイクロ波の疑いが出てきた[文献1][文献2]。

ニューヨークタイムズの記事(英文)にはAllan H. Frey氏の写真まで掲載されている[文献1]。

マイクロ波の危険性や脳内にビームを照射し話しかける、この様な兵器を保有し使用しているのかは「諜報機関」だけが知っているとある。

引用開始

人間の脳を弱体化させたり、脳内に騒音をまき散らしたり、殺人すら可能なマイクロ波兵器の製造方法は、ロシア、中国、それに多くの欧州諸国もすでに持っているとみられる。専門家によると、先進技術を使えば人間の脳内にビームを照射しながら話しかけるといった細工すらできるようだ。こうした不気味な兵器をどの国が保有し、使用しているのか。それを知っているのは諜報(ちょうほう)機関だけだ。

引用終わり 文献[2]より引用

エドワード・スノーデン氏がリークしたネット諜報技術を所持している政府が知らないとは当方も考えにくいと判断している。

ペンシルベニア大学・脳損傷治療センターのダグラス・スミス所長は外交官の脳の損傷はマイクロ波によるものと見解を示している[文献1][文献2][文献3]。

脳スキャン検査によるダメージを表す変化が確認できたとある[文献3]。

細いビームや複数のビームによる交差(交差点でのみ効果あり)、スペクトラム拡散などを考慮するのかも含め調査願いたい。

ビームがアンテナに当たらなければ計測も何もないのである。

当方は過去にも似たよう事件があったので報告書や論文を集めて調べている。報告書の計測方法は正しいのか疑問がある為である。

当方が加害者側であれば、被害者側がミスリードする様に関係ない電波や超音波を照射し被害者側に計測等させて本命の加害方法を隠す事を考える。

上記リンクは「第129回NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク定例会資料」です。カール・クラーク氏のインタビューで、p.3〜からマイクロ波兵器や監視について記載されております。

集団ヒステリー

集団心因性疾患の権威である医療社会学者のロバート・バーソロミュー博士は集団ヒステリーの症状が長期間続くことはあり得ないとある[文献6]。

こちらは日本政府の電磁波犯罪を訴えていた方のリンクになります。諜報機関だけが知っている兵器によるものではないか?

パナウェーブ<あらゆる金属を透過する性質を持つスカラー波が電磁波攻撃に用いられている参照 (起立したり、座るなど姿勢を変えたり、移動する事により「騒音」「幻聴」が聞こえなくなる、2〜5分すると場所を特定される為か再び聞こえてくる)

キューバ音響事件とパナウェーブについて類似点がある。[文献4]参照

例えば別の場所へ移動した際の変化である。

引用開始

 “Others reported a sensation of pressure passing through their head and abdomen in certain parts of the room that could be relieved by moving a few feet away,” according to the report.

引用終わり 文献[11]より引用

「その報告書によると:

他の人達は部屋のある場所にいる時,頭やお腹を何らかの圧力が通り抜ける感じがするが、そこから数フィート離れれば、その感覚は緩和されると報告している。」

パナウェーブが主張するスカラー波については疑問に思う事はあるが既に日本ではキューバ音響事件同様の事が起こっていたと当方は考えている。

キューバ音響事件にてコオロギ説が出てきたので当方でも計測を試す。

キューバ音響事件の波形確認

上記リンクより紹介(2018年5月14日の記事

指向性のエネルギー兵器と考えているので考察

キューバ音響事件に関して疑問に思う所があり公開されているyoutubeをオシロスコープで調べてみる

当方でもオシロスコープにて測定

次に以下の音源元のURLを計測

“Indies short-tailed cricket Anurogryllus celerinictus T. Walker 1973”,Singing Insects of North America (SINA),Thomas J. Walker,アクセス2019年1月9日,https://entnemdept.ifas.ufl.edu/walker/buzz/492a.htm

「アヌログリルス・セレリニクトス(Anurogryllus celerinictus)」

Walker, T. J., and T. E. Moore. Singing insects of North America. http://entnemdept.ifas.ufl.edu/walker/Buzz/

コオロギの音

anurigryllus celerinictus

まずはコオロギ音をスピーカーで室内で流し室内で録音

次にコオロギ音をスピーカーで室内で流し、戸1枚分の隣室にて録音(戸の近くで録音、コンクリート等厚い壁は試してませんが難しいのでは?と考えております)

公開された音声については疑問に感じており、マイクロ波を仮説とすればボイスレコーダーでは録音出来ないからである。

室内での測定が似ているのかな?とは思いますが、この場合室内にコオロギがいないと難しいのではないかな?と考えられます。

戸を1枚挟んだだけで波形が汚くなる。

疑問点をあげれば、耳栓や殺虫剤での対応もありますが

  • 地元住民の健康被害は外交官同様に何十年も続いているのか?
  • 圧力は?
  • コオロギの音声を聞かせて外交官同様の被害を誘発出来れば兵士は武器の代わりに敵国にコオロギを放つ可能性はあるのだろうか?
  • 野生コオロギの習性 巣の近くでなきますよね?室内で鳴き場所?、ライトに照らされた場合逃げるのでは?
  • 一匹ではなく数匹の波形は?

超音波に関しては面白い技術もあり、様々な技術を組み合わせたらどうなるか?

超音波が3次元空間上で重なる点にのみ復調が生じ可聴音を再現。

人間には聞こえない超音波、車の窓ガラスや車体に当たると音の波形が変わり車内で聞こえる様になる仕組み。

「音響兵器 」米国NY 連邦高裁 裁判

時間がある方は上記リンクを参考に

コオロギ(Gryllus assimilis)は難聴の原因となるほど騒々しいわけではない[文献7]。仮に虫に問題があるのなら耳栓をつけて殺虫剤でも撒けばよいのである。職場復帰できるのではないだろうか?

TI被害者でも耳鳴り、頭なり又は音声として耳鳴り音を聞かせているのか被害が始まってから聞くようになる。TI被害者の中ではV2Kを録音しようと試みるも別の音を録音しているケースがある。キューバ音響事件で公開された音声も勘違いして録音したものと当方は考えている。

Mammalian Auditory Response to 3.0 GHzMicrowave Pulses,Charles A. Cain and William J. Rissmann,IEEE transactions on biomedicalengineering,Vol. BME-25, No.3, May 1978

マイクロ波パルスを照射すると音が聞こえる人と、音が聞こえない人がいる 。パルス幅を変更すると聞こえなかった人も聞こえたとある[文献9]。

一つの可能性としてキャビテーション効果の誘発、何らかの電磁気パルスや極超音速の生成[文献7]。

更に、カナダの外交官がキューバ音響事件について深刻さを軽視することに対して政府を訴えている事が記事になっている[文献8]。

もし、TI被害者の中で頭痛・耳痛・不眠による被害がピークの方がいらっしゃる場合は、Acute findings in an acquired neurosensory dysfunctionこちらの論文を印刷して医師と相談する事を勧めます。被害が酷くない状態で検査を受けても異常がないと診断される可能性があるので注意してください。

Michael E. Hoffer,et al., “Acute findings in an acquired neurosensory dysfunction”,Laryngoscope Investigative Otolaryngology/Volume 4, Issue 1,2018,https://doi.org/10.1002/lio2.231

  • 暴露直後、大多数の人が片耳または両耳に激しい耳痛を訴え、耳鳴りを経験しました。全ての個人で、ふらつきと認知障害の特徴に気づいた。
  • めまい92%、認知障害56%
  • 正式なテストにより個人の100%が耳石の異常、認知機能障害の証拠

2019年7月28日追記

キューバ駐在の米外交官ら40人あまりが不可解な状況で脳損傷を負ったとされる問題で、症状を調査した米ペンシルベニア大学の研究チームは外交官らの脳には明らかな異常が見られたとする論文を米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に発表した[文献10]。

ペンシルベニア大のラジーニ・バーマ(Ragini Verma)教授(放射線医学)によると[文献10]

  • 外交官らの脳に「何かが起きた」ことが確認された
  • 原因は持病によるものではない

外交官らのMRI画像と2対照群の48人の画像を比較[文献10]

  • 違いは統計学的に有意
  • 脳の白質と運動をつかさどる小脳に関わるもの

論文(こちらの論文もTI被害者の検査でヒントになると考えられるのでダウンロードし医師と相談してください)

Neuroimaging Findings in US Government Personnel With Possible Exposure to Directional Phenomena in Havana, Cuba

原因不明の指向性現象、圧力、振動又は音とは何でしょうね?

もしかして指向性兵器でしょうか?

  • 平均全脳白質体積は小さい:患者542.22 cm3、対照569.61 cm3
  • 聴覚サブネットワークの機能的結合性が低い:患者0.45、対照0.61
  • 視空間サブネットワークの機能的結合性が低い:患者0.30、対照0.40
  • 対照と比較して患者のあいだでは腹側間脳および小脳灰白質の体積がかなり大きく、前頭葉、後頭葉、および頭頂葉の白質体積がかなり少なかった。
  • 小脳虫部下方の平均拡散率低い:患者7.71 × 10−4 mm2/s、対照8.98 × 10−4 mm2/s

1分4秒〜

関連論文

  1. Neurological Manifestations Among US Government Personnel Reporting Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba”,JAMA. 2018;319(11):1125-1133. doi:10.1001/jama.2018.1742
  2. “Strange Reports of Weaponized Sound in Cuba [Health Matters]”,https://doi.org/10.1109/MMM.2017.2765778
  3. “Diplomats’ Mystery Illness and Pulsed Radiofrequency/Microwave Radiation”,https://doi.org/10.1162/neco_a_01133, PDF-リンクDiplomats’ Mystery Illness and Pulsed Radiofrequency/ Microwave Radiation
  4. Recent advances in the effects of microwave radiation on brains,https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5607572/#!po=60.3723
  5. “Chasing ghosts in Cuba: Is mass psychogenic illness masquerading as an acoustical attack?”,https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/0020764018766185
  6. Neurological Symptoms in US Government Personnel in Cuba—Reply”,JAMA. 2018;320(6):604-605. doi:10.1001/jama.2018.8737
  7. “REVERSE ENGINEERING THE “SONIC WEAPON””,https://ieeexplore.ieee.org/ielx7/6/8302362/08302371.pdf?tp=&arnumber=8302371&isnumber=8302362
  8. “Recording of “sonic attacks” on U.S. diplomats in Cuba spectrally matches the echoing call of a Caribbean cricket”,doi: https://doi.org/10.1101/510834
  9. Acute findings in an acquired neurosensory dysfunction”,Openaccess,First published: 12 December 2018,https://doi.org/10.1002/lio2.231
  10. Neuroimaging Findings in US Government Personnel With Possible Exposure to Directional Phenomena in Havana, Cuba“,Ragini Verma, et al.,JAMA. 2019;322(4):336-347. doi:10.1001/jama.2019.9269
  • マイクロ波聴覚効果並びにレーダーやレーザーに関するリンク
  1. 論文と特許,テクノロジー犯罪・electronic harassment
  2. 統合失調症とマイクロ波聴覚効果
  3. v2k as a result of induction of electrical currents in the body.
  4. レーザーレーダー実用性
  5. Difference between laser and microwave and power consumption
  6. Asymmetric high frequency signal
  7. Frequency and power windowing
  8. スペクトラム拡散通信について

文献

[1]William J. Broad,”Microwave Weapons Are Prime Suspect in Ills of U.S. Embassy Workers“,The New York Times,

[2]“「マイクロ波」という見えない兵器 外交官の不調と関係は”,The Asahi shimbun GLOBE+,2018.10.08,https://globe.asahi.com/article/11862586

[3]”米外交官狙った正体不明の「音響攻撃」、原因はマイクロ波か”,CNN.co.jp,2018.09.03 Mon posted at 10:00 JST,https://www.cnn.co.jp/world/35124968.html

[4]Randel L. Swanson II, DO, PhDStephen Hampton, MDJudith Green-McKenzie, MD, MPH; et al,”Neurological Manifestations Among US Government Personnel Reporting Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba”,March 20, 2018,JAMA. 2018;319(11):1125-1133. doi:10.1001/jama.2018.1742,https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2673168

[5]Translated by Smokva Tokyo,”マイクロ波の武器を使用か?世界の米国政府職員が脳損傷など不調続出”,Rolling Stone Japan,YAHOO!JAPANニュース,9/13(木) 16:00配信,https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00028998-rolling-spo&p=1

[6]佐藤Kay,“【未解決】キューバ米大使館「音響攻撃事件」が未だに謎すぎる点とは!? “集団ヒステリー説”も新浮上の怪!”,TOCANA,2018年8月9日,https://tocana.jp/i/2018/08/post_17522_entry.html

[7]JACK HITT,”THE REAL STORY BEHIND THE HAVANA EMBASSY MYSTERY”,VANITYFAIR,HIVE,FEBRUARY 2019,参照日2019年2月22日,https://www.vanityfair.com/news/2019/01/the-real-story-behind-the-havana-embassy-mystery

[8]”Canadian diplomats sue government for ‘downplaying the seriousness’ of mystery illness in Cuba”,FOX NEWS,February 7,参照日2019年2月23日,https://www.foxnews.com/world/canadian-diplomats-sue-government-for-downplaying-the-seriousness-of-mystery-illness-in-cuba

[9]patentcom,”マイクロ波が聞こえるという実験結果”,自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連,2015/3/16(月) 午後 8:29,アクセス2019年4月21日,https://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/12674166.html

[10]”脳損傷の駐キューバ米外交官、MRIで明らかな異常確認 研究”,AFP BB NEWS,2019年7月24日 15:09発信地:ワシントンD.C./米国米国 北米 キューバ 中南米 ],アクセス2019年7月28日,https://www.afpbb.com/articles/-/3236638

[11]“’Not just hysteria’: 25 US employees at embassy in Cuba did suffer inner-ear damage from mystery illness, study says”,DOUG STANGLIN   | USA TODAY Updated 3:27 a.m. JST Dec. 14, 2018,アクセス2019年8月5日,https://www.usatoday.com/story/news/world/2018/12/13/cuba-embassy-us-diplomats-suffered-ear-damage-mystery-illness/2299641002/

*画像等は当方の許可なく転載禁止

*動画はyoutubeより

 

広告

Difference between laser and microwave and power consumption

2018年4月22日更新

Laser radar/LIDAR

Martin Bott 「The V2K hearing effect can be done with radar.

But using laser is much more practical.

Laser needs less energy, and the effect is restricted to the path of the laser

Laser and microwave both are electromagnetic waves.

But the energy in a laser is concentrated in a thin beam.

So you have a high energy density at long range.

So a tiny laser diode and a small battery is enough to cause the effect.

Plus the necesary electronics.

With microwaves one needs much more energy, as the beam is relatively wide.

And microwaves need a larger transmitter, and big antennas.

The energy on one square centimeter needs to be the same.

But its only a small point that illuminatet with a laser.

With microwaves you get a broad beam

To get the same energy into one square centimeter one has to illuminate the whole area with energy.

So you end up with many square meters which all require the same energy per square centimeter as the laser」

Q:Can spread spectrum be done with laser?

「Yes. There are tunable lasers.」

Q:In case of detrimental attack by laser, does it consume a lot of electric power?

「No.

It epends on the diameter of the beam.

With a small beam it probably is less than one watt.」

Q:For example, assuming you consume a lot of power, will not you lose 120kW ~ 150kW?

「That is peak power.

The power radiated during a radar pulse.

But the duty cycle, the time the radar is transmitting, is very small.

So a 120 kw radar may need only 100 watts of power supply.

That is continuous 100 watts.」

Q:For example, victims hear v2k for 24 hours. Still power consumption can be reduced?

「Yes, only a few watts, or even less then one watt.

The electrical muscle trainers use small batteries, and still have an effect」

「Microwave and laser / light are both electromagnetic waves,only of different frequency.

So if one rule applies to one of them, it also applies to the other one.

This is about the Frey effect being done with light

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Photoacoustic_effect

However, V2K is not based on the Frey effect, but on inducing electric currents in the brain or in the cochlear of the ear. Much similar to the cochlear implants, but with electromagnetic radiation, without wires.

The technology to induce V2K with light was already published by german engineer Erich Graichen in the 1920s.

The laser signals are being mixed so that a microwave or low frequency signal is produced.

And this low frequency signal can get through a wall.」

「There was a publication where interference between two higher frequency signals (I think about 20 Khz) was used to create a low frequecy signal inside the body for medical purposes.

I was able to show that with a suitable form of rotating antennas such signals can be produced by interference of microwave signals:

http://www.totalitaer.de/Rftechnik/phasenschieberbauena.htm

Photo by

http://www.totalitaer.de/Rftechnik/phasenschieberbauena.htm

「The low frequency signal produced did change when I changd the speed of the engine.

So there is no doubt that one could produce a low frequency signal that has an effect by this simple method.

The spread spectrum signal used for v2k and other directed energy effects is created to cause these effects.」

August 15, 2019 postscript

Verwendung von Lasern zur Folter, Überwachung und gegen Technik

http://www.totalitaer.de/Laser/Laserfolter/laserfolter.htm

This is about a laser radar which allows to listen through a tick wall.

It includes a recording mate with this technology.

http://lasermicrophone.com/spectra-laser-m-2/?fbclid=IwAR1PnH9SyrN2vGnawhjXe3DTB6hysl2i0znUjDhow2P_sTMBPOAQbfN2Ya4

JP 直訳

Laser radar/LIDAR

Martin Bott「V2Kの聴力効果はレーダーで行うことができます。

しかし、レーザーを使用する方がはるかに実用的です。

レーザーはより少ないエネルギーしか必要とせず、効果はレーザーの経路に制限される

レーザーとマイクロ波は共に電磁波です。

しかし、レーザーのエネルギーは細いビームに集中しています。

だから、あなたは長距離で高いエネルギー密度を持っています。

そのため、小さなレーザーダイオードと小さなバッテリーで効果が十分にあります。

プラス必要なエレクトロニクス。

マイクロ波では、ビームが比較的広いので、より多くのエネルギーが必要です

また、マイクロ波には大きな送信機と大きなアンテナが必要です。

1平方センチメートルのエネルギーは同じである必要があります。

しかし、レーザーを照らし出す唯一の小さな点です。

マイクロ波を使用すると、広いビームが得られます

1平方センチメートルで同じエネルギーを得るためには、全領域をエネルギーで照明しなければならない。

だから、あなたは1平方センチメートルあたりのエネルギーがすべて同じレーザーを必要とする多くの平方メートルで終わる

Q:スペクトラム拡散はレーザーで行うことができますか?

「はい。チューニング可能なレーザーがあります。」

Q:レーザーによる有害な攻撃の場合、多くの電力を消費しますか?

「いいえ。

それはビームの直径に依存する。

小さなビームではおそらく1ワット未満です」

Q:例えば、あなたが多くの電力を消費すると仮定すると、120kW〜150kWを失うことはありませんか?

「それはピーク時のパワーです。

レーダーパルス中に放射される電力。

しかし、レーダーが送信しているデューティサイクルは非常に小さい。

したがって、120kwのレーダーは100ワットの電源しか必要としない。

それは100ワット連続です。」

Q:たとえば、犠牲者はv2kを24時間聞きます。それでも電力消費を削減できますか?

「はい、ほんの数ワット、あるいはそれ以下のワット。

電気筋肉のトレーナーはモール電池を使用していますが、それでも効果はあります」

「マイクロ波とレーザー/光は両方とも異なる周波数の電磁波である。

したがって、一方のルールが一方のルールに適用される場合、他方のルールにも適用されます。

これは、光で行われるFrey効果についてです

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/光音響効果

しかし、V2KはFrey効果に基づいているのではなく、脳や耳の蝸牛に電流を誘導します。蝸牛インプラントに非常によく似ていますが、電磁放射を伴う。ワイヤーなし

V2Kを光で誘発する技術は、1920年代にドイツのエンジニアであるErich Graichenによって既に発表されました。」

「レーザ信号は、マイクロ波または低周波信号が生成されるように混合されている。

そして、この低周波信号は壁を通過することができます。」

「2つのより高い周波数の信号(約20kHzと考える)の干渉が医療目的のために体内の低周波信号を生成するために使用されたという出版物があった。私は、適切な形態の回転アンテナを用いて、マイクロ波信号の干渉によって信号が生成され得ることを示すことができた。

http://www.totalitaer.de/Rftechnik/phasenschieberbauena.htm

Photo by

http://www.totalitaer.de/Rftechnik/phasenschieberbauena.htm

「生成された低周波信号は、エンジンの速度を変更すると変化しました。したがって、この簡単な方法で効果がある低周波信号を生成できることは間違いありません。 v2kおよび他の指向性エネルギー効果に使用されるスペクトル拡散信号は、これらの影響を引き起こすために生成される。」

2019年8月15日

Verwendung von Lasern zur Folter, Überwachung und gegen Technik(ブラウザ翻訳でリンク先の参照を)

http://www.totalitaer.de/Laser/Laserfolter/laserfolter.htm

This is about a laser radar which allows to listen through a tick wall.

It includes a recording mate with this technology.

http://lasermicrophone.com/spectra-laser-m-2/?fbclid=IwAR1PnH9SyrN2vGnawhjXe3DTB6hysl2i0znUjDhow2P_sTMBPOAQbfN2Ya4

AdviserMartin Bott

関連記事

関連動画 youtubeより

Remote Sensing

LIDAR

Tellspec | The Pitch

検査

e50b46_4b2e6da9108b4069934d5c1818d2479c~mv2
画像出典https://www.freedomfortargetedindividuals.org/events

検査

耳鼻科

被害者の方でキューバ音響事件関連の論文を医師にみせて検査された方がグループでいらっしゃったので報告致します。

結果

  • 視標追跡検査で異常(Eye-Tracking Test)

白い球を目で追う動きが正常ではない。

  • 重心動揺検査(Stabilometry)

目をつぶって検査した結果、正常値の範囲外であった。

検査した病院ではSVVの設備がないので出来なかった検査もあるとの事

論文は以下になり、必要な方はプリントアウトしてください。

Acute findings in an acquired neurosensory dysfunction

https://doi.org/10.1002/lio2.231

・自覚的視性垂直位(SVV)

・前庭誘発筋電位(VEMPs)

・ヘッドインパルステスト(head impulse tests)

検査する際は、被害が酷い状態でないと正常と判断されるかもしれません。

特に初期の被害者は頭痛等により不眠が一番の問題であり、1週間寝かせられないで仕事に行かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

頭部の検査も拡散テンソル画像等を試していただきたい所ではありますが、医師への伝え方や医師の判断により検査すら受け付けていただけないケースもあります。

以下のリンクを参考にしてください。

計測・検査について

キューバ音響事件に関しては以下のリンクにまとめてあります。

その他、ペンシルベニア大学等での検査を検討されるのも良いかもしれません。


テクノロジー情報and勉強会(benkyokai1)

こちらは、被害者さんに電磁波を送信し一人だけに音を聞かせたり、身体攻撃を再現したりに成功されております。

 

現在は光音響効果、レーザーで音声を聞かせる技術も公開されテクノロジー犯罪が認知されやすくなっております。

レーザーで音声を送信/日韓レーダー照射問題


情報提供お願いいたします。

被害にあって、この検査を受けたら、このような結果が出たなどがありましたら是非教えてください。

それらの情報を共有することは他の被害者の助けになります。

情報収集によりホームページの更新アップデートに時間がかかります。

また、別方面で動き、他の被害者へも技術的に音声を送信することは可能である事が周知されるようになりました。

ブログをされていらっしゃる方の中にも指向性兵器等の単語が見受けられるようになりましたので結果的に良かったと考えております。


関連記事

 

 

認知されてきているテクノロジー犯罪

image1

写真の転載禁止

購入先URL;http://www.seronjihou.co.jp/sp/seron/seronjihou.html

世論時報3月号(平成31年)

テクノロジー犯罪被害者が増えている」と表紙に記載あり 日本でも テクノロジー犯罪 が認知されてきております。 石橋輝勝国内でもテクノロジー犯罪被害者は増えている 音響兵器・マイクロ波兵器攻撃? の報道を受けて


THE DISCUSSION: PACTS, International’s Quarterly Magazine: Issue 2| Fall Edition, 2018

http://www.magcloud.com/browse/issue/1539531?__r=&s=w

上記のリンクはPACTSの雑誌になります、表紙に「V2K」があります。

雑誌の表紙を観てわかるとおり、大変勇気づけられる行動です。

世界中で被害者がおり、多くの方に認知されてきております。


TV・動画など

国営放送で放映されるなどテクノロジー犯罪は認知されてきております。

関連リンク

TI DAY 2018年8月29日写真あり