CIA 拷問事件で和解

原告とその経験の一部は、上級諜報委員会の拷問報告書の要旨に記載されています。

2014年12月に発表されたこの報告書は、5年間のレビューに基づいて、CIA刑務所の技術に従事していることが知られている、複数の人がこの方法を残酷と非難し、CIAが尋問プログラムの有効性について連邦当局に誤った誤解を招くような情報を提供したことを批判した。

CIA 拷問事件で和解



拷問について

Kathleen Watterson

Electronic Harassment

で裁判をされた方です。

彼女の裁判URLがインターネット上にありましたので確認して見てください。結果は残念でしたが

Kathleen vs Aro



kathleen watterson

検出器について

検出器については

URLにもあるように
・スペクトラム アナライザー
・電界強度計
・ナルダメーター

翻訳を間違えたら申し訳ないですが、ご自身で翻訳して確認して下さい。

翻訳は簡単にできます。
kathleen さん 本人に伺いました所、スペクトラムアナライザーを勧められました。

私自身 電波探知機やオシロスコープを現在も試していますが、個人的にはスペクトラムアナライザーが1番使いやすいと思いますしオシロスコープは現在教えてもらいながらやっていますが使いこなせるならオシロスコープでも十分に感じます。

詳細については私のGroupで発言しております。

最近  探偵についてのお話を伺います。国内で私達の情報を利用してお金を巻き上げる探偵事務所があるかどうかは不明ですが気をつけるようにして下さい。
そこに頼むなら「立証出来たケースはありますか?」と質問のメールを送って見て下さい。

返事すら来ませんので

リリー波でマインドコントロール

リリー波



上記記事でインプラント無しで外部刺激により脳波を制御できる事について記載されています。

周波数は40Hzです。

結果的に特定の部位に40Hz相当の効果を残せればよいので
40Hzの電波を他の電波に乗せるか、または周波数の差を利用して100Hz-140Hz=40Hz

または別の方法になるのでしょうか?
Hendricus G. Loos
モニターを通して電磁場をコントロール
記事については私のGroup memberから教えていただきました。

エドワード  スノーデン

エドワード スノーデン 新作映画を観てまとめ

主な組織

CIA

NSA

法律 FISA

GCHQ

CIA訓練所

‘THE HILL’ CIA training center VIRGINIA

NSA工作センター

‘THE TUNNEL’ NSA OPS Center OAHU HAWAII


工作センター内での仕事

・NTOC=防御(スノーデン仕事)

・ROC=攻撃   追跡についてはSIM・携帯(スノーデンが構築したエピックシェルター利用)

エピックシェルター=NSA支部を焼き払われてもデータが無事に残る

NSAが使う

PRISM

XKEY SCORE=私達が普段使うGoogle検索と同じですが一般人のプライベートに関するE-MAILやChatも閲覧可能

パソコンOFFを起動しパソコンに内蔵されているカメラを勝手に起動させるプログラムはイギリスのプログラム

FBI=NSAと協力

映画内でのCIAの考え方

秘密工作は議員に知られると敵国にも知られるので教えない常に秘密裏

・相手の弱みを握り取引を持ちかける
日本 国民への監視協力については日本は断っているが勝手に実行される

1.通信システム

2.物的インフラ

3.送電網

4.ダム

5.病院



もし日本が同盟国で無くなったら先がない
アメリカが常にG8で優位に立つ為のスキャンダル、次期大統領失脚。
トランプ大統領がプライベートについて探られているようなツイートをしていましたね。

テロは口実で経済と社会を支配する事が目的
NSAのやり方に不満を持っている方々

1.William Binney

2.Ed Loomis

3.J. Kirk Wiebe

4.Thomas Drake

他 味方

1.Sarah Harrison



スノーデンのパスポートを無効にさせる

・ケリー国務長官

政府の命令で仕方なく犯罪を犯す仕事をしている人達は罪に問われるか
について 

結論 仕事でも犯罪なら処罰される



理由 ニュルンベルク裁判

一般の裁判官や弁護士、警官、警備員を含み裁かれる。

その後 国連が国際法としてまとめて、仕事でも犯罪なら処罰される。

スノーデンの映画は2本あり、私は2本とも観ましたが大変勉強になりました。

日本にもNSAがあり青森に置かれています。

何の為に日本に置かれているのか映画を観れば良く理解できます。

映画に本もありますが視覚で観る映画をお勧めいたします。
1本目は最新版 2本目はシチズンフォーの順が良いです。

実話との相違点について

防衛省並びに防衛装備庁 情報公開請求 転載禁止


転載禁止
防衛省並びに防衛装備庁へ情報公開請求し返信来ました。

LRADについては音を遠くまで飛ばすというのが認識らしく非殺傷兵器には含まれません。

LRADについて

動画でもLRADについて説明しているように「敵を殺す事は出来ないが、放置する事も出来ない、そういう時にこれが役に立ちます


ADSについて


ADS
についても質問をしましたが上記画像のようにないとの回答


今回のcaseは申立に時間がありますので意見がありましたら、よろしくお願いします。

電話など通信を使えなくさせる技術については電子戦を参考にしてください。

電子戦技術隊があります。

防衛省には情報本部(DIH)があり電波部もあります。

採用に関する情報を閲覧しても他言語が得意な事が条件、勤務地は主に東京都新宿区情報本部のようですwiki 

閲覧してみると定員2000人以上、年間予算500億以上、通信所もあります。

情報本部長   宮川 正

電波部長       岩田 英


ポーランド防衛大臣の電磁兵器による国民への人体実験の有無について

考察

被害は日本から9,000㎞離れたフランスでも変わらない様です。

私のGroup memberから教えていただきました、自身では試しておりません。


事実 

体内インプラントにての実例

Bob Boyce – NSA

James Walbert-個人

Richard Cain-病院

1.衛星タイプ

光学衛星、レーダー衛星、一体型

レーダー衛星については雨天など影響は受けない

私の知っているレーダーは24時間リアルタイムではなく10分毎、30分毎に受信出来るタイプ。

日本政府の受信場所

2.塔タイプ

ドップラー効果を利用した電波を出して跳ね返った電波を受信アンテナにて観測、受信時のノイズは削除。
スペクトラム拡散レーダー
遠隔から生体情報を取れる

送信、受信アンテナが必要。

国外でも被害が変わらないのであれば近隣国か滞在国に設備等がある。
その際 アンテナを置く契約はどうするのか?

色々な国にアンテナを置いているのはNSA

3.宗教タイプ

下請け?世界各国で団体があり

4.企業タイプ

外資

5.個人による近場での攻撃

James Walbertのようなcase

6.HARP

7.軍

8.インプラント

David a Larsonの資料であるようにシリコンで出来ているMRIなどに映りづらいタイプ

最近は電池なしで周囲の電波を変換するものもあり、何処の国でも使用(登録)できる周波数帯。