ご質問に対して

Q.とある専門家が写真のアンテナが加害に使われているとあります。アンテナの場所も分かっています。(写真は省略)

A.「とある専門家」がどなたかは存じませんが計測器のオシロスコープやスペクトラムアナライザーなどでアンテナ近くで計測されてはいかがでしょうか?「とある専門家」の主張が正しいかどうかは直ぐに分かると思います。主張と違う周波数帯や波形が確認されたらどうするのでしょうかね?

専門家と一緒に計測されてはいかがですか?

Q.私は加害者組織は宗教団体だと思いますが、他の人に政府関係と言われます。どう思われますか?

A.別々に考えられた方が良いと思います。被害者にはマイクロ波聴覚効果の被害が「ある人」と「ない人」がいます。

警察に手持ちの計測器で強い電波が観測されたと連絡しても警察では計測器がないので何もしてくれません。

総務省 違法電波監視担当にもご自分で質問すれば色々分かると思われます。

上記が現状であり、電子レンジを改造すれば以下の事が誰でも可能であり、LRADに関しては個人で国内で業者から購入は出来なくとも輸入が出来ます。

Q.加害者は全ての国が協力しているので何処に行っても被害は防げないのではないか?

A.正解については存じませんが、以下のURLの内容をご存知でしょうか?その考え方ならスパイ活動も不要。国同士が仲良く、自国に潜入しているスパイに対してマイクロ波聴覚効果を使用しないように相手国に伝えるのでしょうか?

カネで堕ちた「官邸のスパイ」が公安に追いつめられるまで【初証言】

中国でCIA要員12人殺害

Q.資料など、どうしておりますか?

A.https://scholar.google.co.jp/

論文が検索出来ます、国立図書館もあるので色々と分かります。

論文は色々あり、実際に計測した論文や他人の論文をまとめただけなど

電波や光を電磁波と理解していないのか?不思議な論文まで

Q.音声送信は被害者にしか聞こえませんか?

A.他の被害者の話を聞くと頭の中に聞こえた声が側にいた人にも聞こえたという事を聞いた事があります。

加害者側の攻撃も完璧ではないように思えます。

Q.被害で1番辛いのは何ですか?

A.音声送信も辛いですが何より辛いのは睡眠不足。1〜2週間 刺激等で寝かせられない生活は辛いです、睡眠不足になるのは被害が始まってから、また睡眠不足の状態に持っていかれる前に加害者側が私を「ゾンビ」にさせるような発言をしており専門用語なのかは不明です。

Q.裁判で所有している装置の使用履歴について開示させ賠償金を求める事は出来ますか?

A.国内では被害者は弁護士に既に相談されてる方もおり今の現状、情報公開請求では行政文書しか手掛かりになりません。どの弁護士に相談しても皆さんが知っている同じ様なアドバイスになるかと思われます。

次に自衛隊に対し裁判で賠償金を手にされた方はおり以下のURLが参考になります、但し監視は差し止めできておりません。被害者が街宣活動の中、警察が撮影してくる行為も当方は問題と考えます。

一般市民も監視対象自衛隊情報保全隊 元隊長認める仙台高裁 違憲の実態明らかに

元陸上自衛隊情報保全隊長の方に色々と伺いたいですが証人尋問の為連絡先は不明、監視対象の文書にTI被害者用があるかは気になります。(その他 詳細等はグループ内にて)

自衛隊情報保全隊による国民の監視活動が一部違法とされた事例

民事訴訟における証拠収集手続

世界でElectronic Harassment の裁判で保護命令を出されたのは私の知る限りJames Walbert氏だけ、彼の検査資料は参考になります。

皆さんが期待しているキューバ音響事件調査の進展も参考になります理由はご存知かと思われます。

補足情報

キューバ音響事件

キューバで音響攻撃を受けたとする米外交官ら、「捉えどころのない」脳内損傷か

上記リンクにもあるように音声送信被害を除いて(耳鳴り音が音声送信に含まれるかは不明)、頭痛、耳痛、睡眠不足、耳鳴り等、被害内容が似ており一致する内容が多い。

TI被害を受けて脳MRIを撮影しても正常と診断されます、MRI結果までキューバ事件と一致。

James Lin, Ph.D.が支持されて欲しいものです。

以下のリンクも参考になります。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ノースウッズ作戦

タオルの王

キューバ米大使館に対する「音響攻撃」説の真実味(偽装した受信装置について記載されている、日本の電柱アンテナについても所有者掲示は不必要で偽装したアンテナ等を設置し易い)

2018年1月25日記載

近況報告

1.国外教授

マイクロ波聴覚効果の装置製作については別段 難しい事では無い事。

国内の大学教授からも確認済み。

この件に関してはPACTSと相談しております。

2.電力会社が電線を伝って電気を流し攻撃を加えているという質問に対して

自宅のブレーカーを落としても被害は止まない。ブレーカーを切った状態でコンセントにテスターにて計測したが何も計測されない。

電柱に問題があるというが電柱のない飛行している飛行機内でも被害はあると他の被害者から伺っております。

3.加害者のUWBアンテナについて再度質問されましたが、前回と同じ回答になります、ご自身で是非 アンテナ近くで計測して確認して下さい。

4.キューバ事件についてのレポート

私的にDr. Charles Rosenfarbのレポートが興味深かったです。

https://www.foreign.senate.gov/hearings/attacks-on-us-diplomats-in-cuba-response-and-oversight-010918

音声送信を除けば被害内容は酷似しております。

http://www.afpbb.com/articles/-/3162786

5.被害対策で有効な物はありますか?

当サイトの防御に関する情報にて記載してあります、被害が終わった国外被害者もおり普通の生活を送られていらっしゃる方もおります。

被害が軽くなるキッカケなどは調査中です。(最初の1〜2年の被害が辛い理由について、主に刺激攻撃(頭痛、耳痛含む)による睡眠不足、1〜2週間寝ずに仕事へ行く)

6.被害者と健常者の脳の違いについて下記のURLが参考になるかと思われます。(脳が被害歴から変化したのか?薬の影響か?被害を受けて1週間未満の場合は?)

http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20160119_3

7.被害に理解ある精神科医について教えて下さい。

国内では探した事がありませんので存じません、国外では私達の被害に関してポジティブな方はいらっしゃいます。

PACTS が参考になると思われます。

8.国内で被害者達で共同生活できるようなコミュニティについて

国外の方からも当方にアドバイスはいただいております、その際は国内ではなく国外への逃げ場所を模索した方が良いとも言われていますが島国 日本では難しい。

観光名所はネガティヴな意見しか把握しておりませんが北朝鮮/ロシア等で被害に差が出るのか気になるところです。

9.STOPZETにて

http://stopzet.org/

URL先に動画が埋め込まれております。

ポーランドでは電子拷問に関する事でTVP1に招待されインタビューを受けています。(TVP1は主流メディアとの事)

動画の中には女性が泣き崩れているシーンもあります。

誰でも被害を受ければ最初はこの様になり、特に女性被害者は電気を点けてお風呂に入る事も困難でしょう。

泣き崩れている女性の動画は観るのが辛いですが是非観てください。

被害者数は年々増加しており、自分は関係ないと決め込んでいる方も御自身の家族(奥さんや子供)が巻き込まれれば嫌でも直視せざるをえないでしょう。

広告

Difference between laser and microwave and power consumption

Martin Bott 「The V2K hearing effect can be done with radar.

But using laser is much more practical.

Laser needs less energy, and the effect is restricted to the path of the laser

Laser and microwave both are electromagnetic waves.

But the energy in a laser is concentrated in a thin beam.

So you have a high energy density at long range.

So a tiny laser diode and a small battery is enough to cause the effect.

Plus the necesary electronics.

With micrwaves one needs much more energy, as the beam is relatively wide

And microwaves need a larger transmitter, and big antennas.

The energy on one square centimeter needs to be the same.

But its only a small point that illuminatet with a laser.

With microwaves you get a broad beam

To get th same energy intoone square centimeter one has to illuminate the whole area with energy.

So you end up with many square meters which all require the same energy per square centimeter as the laser」

Q:Can spread spectrum be done with laser?

「Yes. There are tunable lasers.」

Q:In case of detrimental attack by laser, does it consume a lot of electric power?

「No.

It epends on the diameter of the beam.

With a small beam it probably is less than one watt.」

Q:For example, assuming you consume a lot of power, will not you lose 120kW ~ 150kW?

「That is peak power.

The power radiated during a radar pulse.

But the duty cycle, the time the radar is transmitting, is very small.

So a 120 kw radar may need only 100 watts of power supply.

That is continuous 100 watts.」

Q:For example, victims hear v2k for 24 hours. Still power consumption can be reduced?

「Yes, only a few watts, or even less then one wtt.

The electrical muscle trainers use mall batteries, and still have an effect」

JP 直訳

Martin Bott「V2Kの聴力効果はレーダーで行うことができます。

しかし、レーザーを使用する方がはるかに実用的です。

レーザーはより少ないエネルギーしか必要とせず、効果はレーザーの経路に制限される

レーザーとマイクロ波は共に電磁波です。

しかし、レーザーのエネルギーは薄いビームに集中しています。

だから、あなたは長距離で高いエネルギー密度を持っています。

そのため、小さなレーザーダイオードと小さなバッテリーで効果が十分にあります。

プラス必要なエレクトロニクス。

マイクロ波では、ビームが比較的広いので、より多くのエネルギーが必要です

また、マイクロ波には大きな送信機と大きなアンテナが必要です。

1平方センチメートルのエネルギーは同じである必要があります。

しかし、レーザーを照らし出す唯一の小さな点です。

マイクロ波を使用すると、広いビームが得られます

1平方センチメートルで同じエネルギーを得るためには、全領域をエネルギーで照明しなければならない。

だから、あなたは1平方センチメートルあたりのエネルギーがすべて同じレーザーを必要とする多くの平方メートルで終わる

Q:スペクトラム拡散はレーザーで行うことができますか?

「はい。チューニング可能なレーザーがあります。」

Q:レーザーによる有害な攻撃の場合、多くの電力を消費しますか?

「いいえ。

それはビームの直径に依存する。

小さなビームではおそらく1ワット未満です」

Q:例えば、あなたが多くの電力を消費すると仮定すると、120kW〜150kWを失うことはありませんか?

「それはピーク時のパワーです。

レーダーパルス中に放射される電力。

しかし、レーダーが送信しているデューティサイクルは非常に小さい。

したがって、120kwのレーダーは100ワットの電源しか必要としない。

それは100ワット連続です。」

Q:たとえば、犠牲者はv2kを24時間聞きます。それでも電力消費を削減できますか?

「はい、ほんの数ワット、あるいはそれ以下のワット。

電気筋肉のトレーナーはモール電池を使用していますが、それでも効果はあります」

Adviser

Martin Bott

関連動画 youtubeより

【更新】第三者に聞こえない声アンケート

【更新】再集計 2017年12月02日

オンライン上でアンケートも集計していますのでご協力お願いいたします。

アンケートの内容は第三者に聞こえない声の内容です。

ぜひ参加をお願いいたします。

TI アンケート

TI アンケート 2017年11月経過公表

201711TIアンケート中間結果 A3プリントアウト推奨

アンケート結果をblog等に載せたい方は当記事をハイパーリンクにてお願いします。

キャプチャ

Asymmetric high frequency signal

Martin Bott「Low frequncy waves have a direct effect, if constructed carefully ro resemble a nerve pulse.

The other method is to use an asymmetric high frequency signal.

That is, the positive and the negative half wave have different frequencies

In this case the ions in the body and in the nerve are being pushed into one direction.

The ions are the charged particles that produce the electric current in the body.

They are affected by the asymmetric electromagnetic signal because they are quite big and heavy, compared to electrons.

The picture shows a wave that should have such an effect:

http://www.totalitaer.de/Waffen/gleichgerichtetehochfrequenz.htm

One of the lower half waves is clipped off.

We have 5 upper half waves, and 3 lower half waves,

So electricaly charged particles are being moved into one direction.

Haarp could also use such waves.

But it is not Haarp,

Haarp could not project enough energy.」

Questioner「Question Please watch this measurement screen.

it’s 5m antenna

5 upper and 3 lower」

img_5949-1

Martin Bott「Yes, such a wave should have an effect, if it was much stronger.

It should give perhaps 50 millivolts with a 5cm or 10 cm antenna and over a longer time. Say hundreds of suchwaves lasting

about 1 millisecond or so.

Actually it is not the number of peaks, that cause the effect, but the area under the wave.

https://en.wikipedia.org/wiki/Integral

Here the blue area versus the yellow area:

https://en.wikipedia.org/wiki/File:Integral_example.svg

The blue area is muc bigger then the yellow one,

That means the upper half wave has much more energy then the lower half wave.

I have a video showing the mechanism of a large ion in an assymetric field of force.

The CD is loosely coupled to the long tube, so only a bit of the energy is transmitted.

If I move the long tube in an asymmetric way, the CD moves into the direction of the slower an longer lasting movement.

The shorter and faster back movement of the long tube transmits less energy, and only moves the CD a little bit back.

This is a similar experiment with steel balls in metal profile

This is a technical application using the same effect

Another example of a motor block being transported

I am not sure wether this is a pure back and forth movement.

It could also have an up and down component.

This may even depend on the manufacturer of the equipment.

But it also works with a purely back and forth movement, without an up and down component.」

オシロスコープでの追跡について

Martin Bott氏より

1人で行う場合

You need 4 antennas which are exactly the same,

Also the cables need to be exactly the same length

The shorter the better

Then you connect all 4 antennas to the 4 channels

Place the anenas in a circle, and see which signal is the strongest

八木アンテナでは大きくなってしまうのでアンテナ4本を使用。

2人1組の場合は車を利用し1人がドライバーで1人が計測画面を観ながら行います。アンテナは4本も必要ない。

ELF measurement method

「Low frequency means extremely low frequency (ELF)

This has an effect on the body, if it imitates the nerve pulses.

But a 20 meter antenna wont pick these signals up, as they are confined to thin beam.

You need to pace yourself in a metal box, and then use the box as the antenna.

If the ELF beam passes through the metal it will induce a measurable voltage with he form of a nerve pulse

Disconnect the grounding.

You can connect the oscilloscope anywhere to the box

If you ground the box the current will flow into the ground, and leave little voltage to measure.

You can use a sheet of metal, attach it to the oscilloscope, and then place it between you and the suspected source of radiation.

You may not need an amplifier.

The oscilloscope should provide enough amplification

Only if you suspect someone is shooting through the metal plate, and you still cant measure anything it may help to use an amplifier.

With one plate you can tr to figure out from which direction the radiation is comming.」

Can I use a car instead of an iron box?

「Yes. But you probably may measure signals from the ignition system.」

This uses an oscilloscope

ELF 測定方法について

20mのアンテナを使用しても薄いビームを計測する事は出来ない。

計測方法

・金属製の箱に被害者を入れて金属製の箱の外側にオシロスコープにて計測する方法、箱をアンテナとして使用します。金属製の箱のアースは外してください。又は金属板を被害者と放射源の間に置き計測します。

1枚の金属板でしたら放射方向も分かりやすいです。(大きな板を使用)

これはELFビームが金属を通過する時、神経パルスの形で測定可能な電圧を誘発する為

アンプは必要ありません、オシロスコープの増幅で十分です。

但し 加害者側が金属板に攻撃していると思われている時に何も計測画面に表示されないならアンプを使用してみてください。(ELFかは不明ですが、この攻撃というのは見えない小石でぶつけられた時の音を指します、例えば車を誰もいない駐車場に停めていても空気銃又は小石の様な物を当てられた音が車から聞こえる経験があると思います、一部の攻撃が車により防げていると思い被害者が車を利用して就寝をとる理由でもあります)

金属製の箱の代わりに車を代用できないか?については点火システムからの信号を測定する可能性があるのでお勧めしません。

TI in JPNでは

鉄板 t1.6×914×1829 (畳約1畳分の大きさ)

を利用しております。

個人的な意見

スペクトラム拡散を利用したUWBレーダーでも被害者を電波暗室などに入れた場合にも上記方法は利用出来ると思いますアースが邪魔ですが、送信出力が上がる為。Martin氏からもUWB測定に関して色々アドバイスはいただいております。

Adviser-Martin Bott

1m アンテナ 作り方

計測時売られているアンテナを使用する方が手間はかかりませんが、簡単にアンテナを製作する事も可能です。(半田付け不要)

img_5783

用意する物

・アルミパイプ 6mm×995 198円(購入元ホームセンター)

・BNCケーブル 両端50Ωオス(短い1〜2mで充分)500円、切り分けたら半分しか使用しません。

・バナナプラグ ネジ式 100〜200円程度

カッター、マイナスドライバー、ゴムテープなど

作成手順

1.BNCケーブル2m 両端オスをケーブル真ん中付近をカッター等で切り分けます。

2.切り分けたら片方しか使用しません、後はyoutubeで公開されている紹介動画の通り行いカッターや鋏等で加工してバナナプラグに接続します。

3.接続が終わったらバナナプラグをアルミパイプに差し込んで終わりです。

img_5887

低周波 測定について

オシロスコープの測定方法について、前回記事から日本語と英語版を記事にいたしました。

記事を観ていただければ何の電波なのか?ご自身で送信機の近くで確認も可能です。他人の測定結果に振り回されなくなるでしょう。

今度は低周波の測定方法について記載したいと考えています。

アンプを使用される計測方法ですとノイズまで増幅してしまうので、その点も含めて記載いたします。

オシロスコープ自体やTVなど15kHz、ケーブル内の伝送も似た様な放射線を放出する為。

オシロスコープ測定方法

自己責任でお願いします。

測定環境

・オシロスコープ (Hantek6254BD) 250MHz, 1GSa/s,

・約1mのアンテナでよい

・BNCケーブル 両端50Ωオス

・PC

1

FFT 設定

1.赤丸をクリック

2.青丸の部分をチェック/変更してOKをクリック

オシロスコープ説明

オシロスコープで測定

  1. 青い丸の部分を変更
  2. 赤丸の部分をクリック
  3. 波形が見やすいように緑丸の黄色の「T」部分を上下に動かす、測定中の時は測定画面の上部にオレンジ色の「T」があり左右に動かせる。

3

波形を観る

  1. 青丸部分を変更
  2. 赤丸部分を何度かクリック
  3. メニューバーの”file” クリック”Save Image” で保存

右側にあるバーを下にずらすとRecorderもあります。

周波数を調べる

trace説明

1つ目

1.メニューバーの「Cursor」をクリックすると「Source」と「Type」が出てくるので「Source →MATH」、「Type →Trace」に設定

2.青い四角が出てくるのでFFTの盛り上がっている部分に合わせると下のバーに周波数が出てくる。

※簡易測定の方法もありますが、どの波形がどの周波数か理解できないのでお勧めしません。

ホームページ用

2つ目

1.メニューバーの「Cursor」をクリックすると「Source」と「Type」が出てくるので「Source →CH1」、「Type →Cross」に設定

2.青の十字の線が出てきます。一度クリックしたまま別の場所に移動してクリックを離すと機能します。波形のピーク上部の隣同士つなげる(下部同士でもよい)、下のバーに周波数が出てくる

5

カーソルが合わせにくい場合

  1. 青丸の部分を変更します
  2. 測定しやすい波形が出てきます

6

3つ目

FFTで目視による読み方 左から右へ

スペクトラム拡散 ドイツでの計測

marktplatz36

出典 Martin Bott・Markus Bott,“Messungen Aken,”http://www.totalitaer.de/Radar/Messungen/Aken/aken.htm,Access Dec. 13 2017

以下の測定はレーダーパルスと短波ラジオ局が一緒に写っている

振幅変調による短波信号があり、詳細説明については出典元のURLで確認してください。

img_5677

出典 Martin Bott・Markus Bott.“Messungen Berlin: Lipschitzallee / Ulrich-von-Hassell-Weg,”http://www.totalitaer.de/Radar/Messungen/Berlin/lipschitzalleeulrichvonhassellweg/lipschitzalleeulrichvonhassellweg.htm,Access Dec. 13 2017

ドイツでの計測動画

MartinBott-min

アドバイザー

Martin Bott

http://www.totalitaer.de/

関連記事

Surveillance Radar 監視アンテナと測定結果 inドイツ

スペクトラム拡散通信について